日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪75≫澤屋まつもと 守破離 山田錦 28BY

休日ということもあり、調子に乗ってもう一本並行的に開けます。 (序章が長いので読み飛ばしてください。笑) 「澤屋まつもと 守破離 山田錦」です。 今年の初めに、五百万石を家のみしたんですが、その時の衝撃といったら今でも忘れられません。 約1,200円…

≪74≫舞美人 山廃純米 無濾過生原酒 sanQ 28BY

さて、以前から個人的に酸っぱい酒ブームが来ておりまして、その火付け役となったのがこちらのお酒です。 福井県美川酒造場の「舞美人」です。 一度、居酒屋でいただいて以来、心を撃ち抜かれたお酒なんです。 もはや、日本酒通の方はご存知でしょうが、お米…

≪73≫栄光富士 七星 純米大吟醸無濾過生原酒

当ブログ2017年夏酒第3弾は、こちら「栄光富士 七星 純米大吟醸無濾過生原酒」です。 上半期まとめにも目標としていた銘柄で、たまたま知り合いからいただいたので早くも登場です。 確か2、3年間に始めた飲んだ栄光富士もこの七星で、それ以降酒未来…

≪72≫花邑 純米酒 陸羽田 28BY

お盆休みということで、普段会わない知り合いとも会うことがありました。 普段は避けがちな一升瓶にチャレンジです。 秋田県両関酒造さんの「花邑」です。 日本酒好きの方ならご存知の方が多いでしょうが、十四代の高木酒造さんから技術的指導を受けたことで…

≪71≫モダン仙禽 亀ノ尾 無濾過生原酒

さて、2017年上半期まとめでも課題にしていた「モダン仙禽 亀ノ尾」です。 仙禽といえば言わずもがな、モダン日本酒を代表する銘柄の一つでしょう。 ご存知の方がほとんどだと思いますが、 今回いただく「モダン仙禽」、また「クラシック仙禽」に加え、…

≪70≫山間 6号 中採り直詰め原酒

記念すべき70本目。あっという間ですねぇ。 いつもブログをご覧いただいてる皆様ありがとうございます。 先日11日は山の日だからということでなく、本当たまたまの「山和」に続いて、「山間」です。笑 思い入れのあるお酒で、日本酒を飲み始めたころから…

≪69≫山和 特別純米 中取り原酒 Rock

宮城県のお酒ブログ初登場です。 個人的に、宮寒梅が好きで印象にある県で、もちろんDATE7なんかも存じています。 恥ずかしながら、参加7蔵元全て言えと言われてすぐ出てきませんが。。 そんな宮城県やDATE7で存在感を示しているのが、この山和でないでし…

≪68≫嘉根満 純米無濾過生原酒

ちょっと前ですが、飲食店でいただいた「貴魂」の黄色ラベルが抜群においしくて。 どこで取り扱っているんだろうと調べたところ、大塚の「地酒屋こだま」さんで取り扱っていて、かつ杜氏さんもお招きした試飲会もあるということで行ってまいりました。 笑亀…

愉快者的酒場放浪記「丿貫」@福富町

2017年上半期まとめでも書きましたが、かねてより行きたかった横浜福富町の「丿貫」さんへ。駅としては、桜木町が近いですね。 こうして日本酒好きの前はラーメン好きだったので、かねてより名前は聞いておりましたが、個人的に心掴まれたのは、夜は残草…

≪67≫若竹屋 特別純米 雄町 NUDY

全国各地で豪雨による被害が聞かれる中、特に秋田県の刈穂で知られる「出羽鶴酒造」さんの被害状況が心配ですね。 皆様もぜひお気を付けください。 さて、今回は福岡県の「若竹屋」です。 初飲みですが、個性的なお酒を造る蔵元の印象があります。 今回は、…

東京都の酒屋巡り 「うえも商店」「酒の秋山」「味のマチダヤ」

ここ最近都内の酒屋さん熱が高まりまして、重点的に回ってます。買わなくてもショーケースに陳列された酒瓶を見るだけでも心ときめきますね。山梨在住ですと、東京も軽ーい小旅行なんで、複数お店を回りました。今回は、練馬、中野を中心に。 まずは、練馬…

≪66≫千代むすび 純米大吟醸 山田錦 うすにごり 無濾過生原酒

冒頭、今回の銘柄とは全く関係のない話ですが。 先月購入した日本酒で、今年からの新銘柄で世間的にもまだ知られていない日本酒がありました。 心の奥底では、「あー早くやらなきゃな」と思っていたところ、ずるずると来てしまい、結果某有名ブロガーさんが…

≪65≫残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒 

もう一本ロック酒もあるんですが、我慢できずにこちら。 神奈川県大矢孝酒造さんの残草蓬莱です。 説明不要かと思いますが、速醸系の「残草蓬莱」と生酛系の「昇龍蓬莱」と分類されています。 今回は、残草蓬莱の中でも低アル酒として、定番と言っても過言で…

≪64≫紀伊国屋文左衛門 純米酒 夏のロック酒

なんだか中途半端な天気の続く日々ですが、じめじめとして非常に気持ち悪いですね。 7月も後半で、いよいよ8月というころ。そろそろひやおろしなんて声も聞かれそうですが。 それまでには、夏酒のストックも消化していきたいと思います。 さて、今回は、和…

≪63≫うぐいすの囀り 山田錦 生原酒

今回は、山梨酒2段目ということで萬屋醸造店さんの「うぐいすの囀り」です。 地元山梨向けには、「春鶯囀」(しゅんのうてん)の銘柄で知られる蔵元ですね。 恐らく首都圏向けに新銘柄を立ち上げたんでしょう。 ちなみに、春鶯囀は与謝野晶子が蔵元に来た際…

≪62≫武の井 純米吟醸 ヒマワリ酵母仕込み

首都圏も梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番。 とんでもなく暑い日が続いておりますし、異常気象もあちこちで聞かれておりますので、皆様くれぐれもお気を付けください。 さて、先日お酒を通販したんですが… クール便を指定し忘れるという大失態を犯しまし…

≪61≫花巴 山廃純米大吟醸 Splash

前回の宣言通り、今回は花巴です。 山廃に加え、水酛と呼ばれる古くからの造りをされる蔵として有名ですよね。 あと、蔵付きの酵母を使用していることでも知られております。 定番の水酛にしようか迷ったんですが、せっかくなので夏仕様と思われるこちらの銘…

2017年上半期のまとめ と 下半期に向けて

ジメジメとした天候が続き、本当にうっとうしい日々が続きますね。 そして、今年ももう上半期が過ぎ、8月も目前です。 酒造りも29BYになったのがつい昨日のようですが、1年の移り変わりの早さを感じます。 さて、このブログも70銘柄に(60でした笑)…

≪60≫奈良萬 純米吟醸 酒未来

GW中に行った酒屋さんで記事にしたSS鈴木商店さんで購入したお酒がこちらです。 「奈良萬 純米吟醸 酒未来(生)」 お店の方も丁寧に説明してくださいましたが、言わずとしれた十四代の蔵元の高木さんから譲り受けた酒未来で醸したお酒です。 今期(28BY)…

≪59≫W 純米 愛山 無ろ過生原酒

今回は、岐阜県の渡辺酒造さんの「W(ダブリュー)」です。 こちらは全国でも5軒ほどの取り扱いの特約店銘柄とのこと。 実は、2月に山田錦をやったんですが、写真に自分が写ってしまいまして… さすがにモロだったのでやめました。 さて、このお酒との出会…

≪58≫伊予 賀儀屋 限定選抜生原酒 純米赤ラベル特別限定品

今回は実は外のみ、家のみでも初めての賀儀屋です。 もちろん知ってはいるんですが、なぜか飲む機会がなく。 僕が飲み始めた5,6年前から首都圏では知られてた銘柄ですよね。 今回は通年商品でおそらく定番の赤ラベルから、通常はブレンドをする中でこちら…

≪57≫辰泉 純米吟醸 京の華1号

さて、今回は辰泉です。 しかも最も特徴的な京の華。 京の華とは、大正時代末期に山形県庄内地方で生まれたお米で、栽培の難しさから昭和には消滅してしまった幻のお米とのことです。それをこちらの蔵元が復活させ、以降大事に育てられてきたそう。 以前の萬…

≪56≫九郎左衛門 雅山流 〈吟醸仕込〉無濾過純米生酒 葉月

今回は山形の雅山流です。個人的にど定番すぎてなかなか手を出さなかった銘柄です。また、裏含めてなかなかラインナップが掴みにくいので、今回は良いきっかけです。 五月出荷ながら葉月なので夏向けお酒でしょうね。さていただきましょう。香そこまで強く香…

≪55≫会津中将 純米吟醸 夢の香

GWに買ったお酒を今やってるんですから、遅すぎですよね。 今回は、会津中将です。 名前の通り、会津若松の鶴乃江酒造さんによる銘柄。 完全に初めていただく銘柄になります。 香 コメの香味。バナナの甘味がちょこんと ややチョコのような雰囲気も。 味 非…

≪54≫十六代九郎衛門 特別純米 ひとごこち 夏生酒

いよいよ7月に入り、今年も半年が過ぎようとしております。 少し落ち着いた段階で、上半期のまとめをしたいと思いますので、よろしければご覧ください。 非常にムシムシと気持ちが悪い日々が続きます。 いかにも日本の夏といった感じですね。 個人的には、…

《53》三連星 番外品Ⅲ 彗星50%

記事が空いてしまいましたが、前回の予告通り彗星を使用したお酒です。 今回は、滋賀県 三富久酒造さんの「三連星」です。 「三連星」の銘柄通り、「ド〇」を連想させるラベルで有名ですよね。 若い杜氏3名で作られているから、三連星だそう。 その中で、彗…

≪52≫ちえびじん 純米大吟醸 彗星 おりがらみ生酒

※1月に飲んだお酒です。 次にやるお酒が「彗星」を使用したものだったので、そういえば記事にはしていないけど、好印象だったこちらを紹介いたします。 大分県 中野酒造さんの「ちえびじん」です。 こちらも現在広く知られている銘柄ですよね。 たまたま、正…

≪51≫千曲錦 純米大吟醸 原酒

酒屋さんに行ったは良いけど、思うようなお酒がないときってありませんか。 それで店頭に常に店員さんが立っているお店なら帰りやすいんですが、奥から出てくるっていうパターンがよくありませんか。 そういう時に何か買わなきゃっていう小さい見栄が働くん…

≪50≫風の森 愛山 純米しぼり華

まず、このブログもついに50記事を迎えました。 飽き性の僕がここまで続けてこられたのも、閲覧してくださる皆様のおかげです。 それと、ブログ閲覧も2000を超えました。重ねてお礼申し上げます。 さて、精米歩合高めのお酒のラストはこちら。 風の森の愛…

≪49≫萬歳 純米生原酒 七割磨き

さて、精米歩合高めのお酒第2段はこちら。 名古屋旅行の際、購入した「萬歳」です。 東京近辺の方は、二兎のほうで知られている蔵元かもしれません。 二兎も非常に気になるので今年中にはやりたいですね。 大正天皇にも献上したことのある「萬歳」という米…