読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

福島県の酒屋めぐり「SS鈴木酒店」「泉屋酒店」

前回の記事でも述べましたが、福島県に行って参りました。

おおざっぱな行程は、白河→郡山→田村の一泊二日コース。

 

いやーやっぱり混みますね。

昼頃、白河市に着き、ラーメンを食べようと街中を運転していたところ、「奈良萬」特約店の文字に惹かれて寄ったのがこちら「SS鈴木酒店」さん。

 

f:id:funacky1988:20170506180639j:plain

f:id:funacky1988:20170506180642j:plain

 

一見町中の普通の酒屋さんという印象ですが、奈良萬特約店という文字に惹かれて寄りました。

ご主人は非常に気さくで色々お話しをしてくださいました。

奈良萬の特約店といっても苦労することも多かったようで、その分思いもあるようでした。

もちろん奈良萬を購入。

 

f:id:funacky1988:20170506180645j:plain

f:id:funacky1988:20170506180656j:plain


続いて郡山市の泉屋酒店さんへ。

料亭のような店構えですが、中は非常に活気があり、20〜30代の男性スタッフの方が大勢いらっしゃいました。

みなさん気さくで丁寧な接客だったのが印象的です。

駐車場も数カ所あり、店内も人で溢れていました。

福島のお酒はもちろんのこと、全国の有名酒が豊富に取り扱っていましたね。

近所にあると非常にありがたいお店です。


夜は郡山市の居酒屋へ。

個人的に好印象なお店が、夢一膳さん。

f:id:funacky1988:20170506180658j:plain

店内は割烹店のようですが、お値段が非常にリーズナブルで、福島県のお酒も幅広く取り扱ってらっしゃいました。


2日目は、田村市のあぶくま洞を訪れたのち、せっかくなので「あぶくま」で有名な玄葉本店さんへ。

f:id:funacky1988:20170506180701j:plain

f:id:funacky1988:20170506180703j:plain


工場は別のようですが、ややくたびれた印象。

店内も住居併設型で、銘柄も数種類のみの取り扱いでしたが、製造年月日が最近だったのと冷蔵庫に入れてあったりしてました。


次は福島市喜多方市会津若松市辺りに伺いたいです。

特に橘内酒店さんには伺ってみたいなぁ。