日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪72≫花邑 純米酒 陸羽田 28BY

お盆休みということで、普段会わない知り合いとも会うことがありました。

普段は避けがちな一升瓶にチャレンジです。

 

秋田県両関酒造さんの「花邑」です。

日本酒好きの方ならご存知の方が多いでしょうが、十四代の高木酒造さんから技術的指導を受けたことで有名です。

で、味わいがさながら十四代ということで、家飲みがなかなかできない私としては念願のお酒なわけです。

(お店では何度か経験があります。)

ただ、比較的都内でも取り扱いが少ない銘柄なんですよね。

 

今回は、純米酒で陸羽田使用のものを。

瓶火入れということなので、一度火入れということなのでしょうか。

要冷蔵等表記がないのでわかりづらいです。

 

f:id:funacky1988:20170819213639j:plain

f:id:funacky1988:20170819213642j:plain

f:id:funacky1988:20170819213649j:plain

 

マスカット、青りんごを思わせる果実感。いやだという人はいないでしょう。

 

ほどよい果実感と、しっかり底を支えるうまみ、加えて結構酸味が立ってますねぇ。

冷酒の段階ですと、マスカットだったり全体的に締まったバランスでいただけます。

不思議と下手な生酒よりもフレッシュ。このあたりも、十四代イズムを感じさせます。

ある程度温度が上がってきますと、白桃だったり穏やかなニュアンスが目立ってきます。

火入れの嫌な風味ももちろん極小。このあたりは火入れで定評のある十四代に通じる部分だと思います。

きちんとうまみのピークを計算し、火入れされることがうかがえるお酒でした。

日本酒ブログをやっている以上、いつかは十四代を家飲みで取り上げなければと思っておりますが、いつになることやら。

 

次は、花邑の生か、翠玉をやってみたいですね。

おいしかったです。

 

 

 

 

個人的好み:87/100

 名称:花邑 純米酒 陸羽田 28BY
 精米歩合:55
 アルコール度:15%

 スペック:瓶火入れ

 蔵元情報:両関酒造 株式会社
 購入価格(税抜):2,500円/1800ml