日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪118≫豊久仁 29BY TheSecond 純米 責め 

とことん新酒いきます。

福島県豊国酒造合資会社の「豊久仁」です。

日本酒好きの方は、既知だと思いますが「一歩己」の豊国酒造と同社名で、なおかつ同県という日本酒界でもなかなか珍しい偶然の一致。

銘柄を絞っている「一歩己」に対し、こちらの豊久仁は、「豊国」だったり、この「豊久仁」だったり、「10492」なんていうのもあり、つかみ所のない蔵元さんのイメージでございます。

ラベルにもありますが、すべてのお酒を槽しぼりしているというのが特徴でしょうか。

 

f:id:funacky1988:20171223085741j:plain

f:id:funacky1988:20171223085744j:plain

f:id:funacky1988:20171223085748j:plain

f:id:funacky1988:20171223085751j:plain

 

一目見ただけだと、日本酒のラベルだと分からない系。

売り場の中では異彩を放っておりました。

酵母もですし、夢の香だったり福島産にこだわっていることがうかがえます。

The Secondということで、おそらく仕込み2号ということでしょう。

「責め」ということですと、

 

osakefunky.hatenablog.com

 

以来でしょうか。楽しみです。

 

非常に甘い、フルーティな香り。メロン、ベリーなど。

この時点でフルーティ酒という想像ができますね。

 

あぁ、きっちり甘いですね。

酵母が香り系ということで、少し気になってはいましたが、ちゃんと味わいは華やかです。

責めの部分ということで、さすがに後味だったり全体的なハリにストレスがあるというか、ちょい荒いというか。

 

非常に明るく、甘みも舌にはっきり感じます。

「糖分」としての甘み、「砂糖っぽさ」すら感じます。

ただ、裏面に柑橘の酸味が隠れているので、そこまでくどすぎず。

あと、後味が若干渋いかな。

 

テクスチャーとすると、つるつると滑らかですが甘みの分、とろっとした濃厚なお酒に通じるような瞬間も。

 

新酒の時期としてはきっちり味わいも出てますし、フルーティで初心者の方も飲みやすいと思います。

ただ、ラベル通り少し派手というか、化粧厚めで2杯目以降するする行くかというとちょっと厳しいかな。

 

また、2日目以降の変化が楽しみです。

 

 2日目

もっと凝縮感あるフルーティさに。明るく、爽快感も。

甘味の純度が増し、後味にミントのような清涼感。



個人的お気に入り度 85