日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな30代。最近は色々飲んでます。

澤屋まつもと 守破離 秋津地区山田錦 西戸1561-2

もはや日本酒ブログの体をなしてませんが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

コロナの影響で外飲みができない(はばかれる)中、ストレスある生活が続いているものと思います。


今でこそ日本酒を買って、酒屋、蔵元を応援!!というところでしょうが、私はストックしてあるアルコールを消費するのにハマってます。

(大変申し訳ないです。その内新酒、季節酒買います、、)


実はGWを用いて結構飲んでおります。


本日は母の日ということで真打登場。


澤屋まつもとの秋津地区山田錦 西戸1561-2です。

2015年2月10日に醸したってことは、いわゆる26BYなのかな?

いわゆる田んぼの番地シリーズで、高級ラインなんですかね。


確か27年に、中野の味ノマチダヤで購入したものです。

当時デッドストック的に冷蔵室に置いてあって、うれしくて購入したなー。

基本的に高級酒はもったいなくて飲めない人間なんで、今に至るという。


さて飲みますか。


さすがに開栓時、音はしないか。

ベタな表現で申し訳ないですが、バニラ、バナナなど。そんなに強くは香らず。


当然ながら、老ねはなく。

恐ろしくスムーズで、雑味のないリッチな旨味。とんでもなく純度の高い甘み。

黄金のグラデーション、気品のあるエレガント。

その内あげるかもですが、先日飲んだ一升瓶のロットシリーズと比較しても、さすがにこちらの方が上。(当然ですよね。ごめんなさい)


まーこれは当然ながら美味しいですし、なんの有用な情報もないですよね!

でもさすがまつもとだなーという味わいと時間の経過。

これは食中酒にはもったいないですね。つまみ要らずの酒です。