日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪60≫奈良萬 純米吟醸 酒未来

GW中に行った酒屋さんで記事にしたSS鈴木商店さんで購入したお酒がこちらです。

 

奈良萬 純米吟醸 酒未来(生)」

お店の方も丁寧に説明してくださいましたが、言わずとしれた十四代の蔵元の高木さんから譲り受けた酒未来で醸したお酒です。

今期(28BY)が二期目の造りになるようです。今後はどのような展開になるのでしょうか。

 

酒未来のお酒では、山形正宗以来。

お店の方も、これがおススメですよーと販売してくれましたが、貴重なお酒を観光客に販売していただいて本当に感謝しています。

 

f:id:funacky1988:20170717063413j:plain

f:id:funacky1988:20170717063416j:plain

f:id:funacky1988:20170717063419j:plain

 

グレーの下地に赤い奈良萬の文字が非常にクールです。

こちらの酒未来は、一升瓶のみのラインナップです。

 

奈良萬といえば、前の記事でも触れた通り五百万石のスペシャリストですが、

さてさて、いかがでしょうか。

 

香:

豊かな米の風味を感じさせます。明るさもありつつ、うまみを想像させます。

 

味:

 

スムースな舌触りからスタート。

中濃ソースのような旨みと甘みがダイレクトに。

ややメロンの風味が感じられます。お米のペーストじゃないかというような旨み。

やわらかい旨みが舌に乗って、パウダリーに溶けていきます。

遅れて、サイダーのような清涼感も。

最後に、アルコールの風味が、ドライさを演出してくれます。

個人的に、最後のアルコール感が気になりますが。

 

非常にバランスのよい美酒だと思います。

特に食中酒

きちんと味が乗った仕上がりですし、それでいて適度にフレッシュさもありますし。

ただ、こちらの銘柄は五百万石でもこのラインの味を出してくれる分、酒未来を使用しているというサプライズ感は薄いかなと。

社長さん自身が、五百万石にこだわった造りに悩まれてる時に、ちょうど酒未来を譲ってもらう機会がめぐってきてチャレンジした銘柄なのでまだ手探りの段階なのかもしれません。

基本のラインを崩さない狙いで醸している可能性もあるので、そこらへんを一度蔵元さんに聞けたら幸いだなぁ。

いろいろぼやいてみましたが、食中酒にぴったりの酒質でした。ごちそうさまでした。

 

 

 個人的お気に入り度:86

 名称:奈良萬 純米吟醸 酒未来

 精米歩合:53
 アルコール度:16%

 使用米:酒未来

 蔵元情報:夢心酒造 株式会社
 購入価格(税抜):3,000円/1,800ml