日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪113≫飛良泉 マル飛 はま矢酵母 山廃純米生酒 29BY

当ブログの玉旭記事が、相互リンクの日本酒感想日誌様でご紹介いただき、とんでもない数のアクセスをいただきました。

これからはまじめに更新しなきゃな笑 これからもいつもご愛読いただいている皆様よろしくお願いいたします。 

osakefunky.hatenablog.com

 

 

今回は以前から気になっていた銘柄が生酒を出していたので購入。

以前の記事で29BYはしばらくやらないと言っていましたが、どんどんやりますよー笑

本当、嘘つきだわー。

 

 

飛良泉本舗さんのマル飛です。

生酒はこの時期だけなんですかね?火入れ酒はたまに見かけていたのですが、生を飲みたかったんですよね。

裏面を読むと、明治時代の上棟式に備えた「破魔矢」から見つかった酵母だそうで、すごくドラマティックですね。

 

f:id:funacky1988:20171216070001j:plain

f:id:funacky1988:20171216070003j:plain

f:id:funacky1988:20171216070006j:plain

f:id:funacky1988:20171216070009j:plain

 

非常に目を引くラベルですね。マル飛シリーズは山廃だけでしょうかね。

さてさて、早速ですがいただきます。

 

ブドウ、バニラ。乳酸の風味が感じられ、山廃らしさも。

萩乃露なんかに通じるところも。

 

新酒らしく、さらりツルツルの舌触りで、適度に弾力が感じられますね。

甘み、酸味のバランスも良く、味わい自体はライトですが、じわじわと味わいが染み出てきますね。

酸味も特徴的で、乳酸らしい優しい酸味の中に、レモンを搾ったかのようなきゅっとした酸味が混ざりあってます。

良くある山廃のガッチリした重さはないですが、きちんと風味が感じれるのも良い。

 

キラッと光るイメージ。

しぼりたてということで、味わいの出方が気になっていましたが、なかなか良く出ているんではないでしょうか。

貧相でなく、ほどよく引き締まり、きちんと肉付きが感じられます。

 

もう少し置けば味わいが深くなることも想像できますし、きちんとポテンシャルが感じられるのも良いですねー。

 

2日目

バニラ部分の香りが強まりましたねー。

甘みがだいぶ強まりました。今日は主役交代。

ほのかに、花、桃の風味が。

これはこれで良いですねー。

 

 

新酒の時期に出す山廃としては素晴らしいですね。

非常にポテンシャルも感じられ、買って個人的に寝かせて夏頃飲んでもおもしろいのかなぁと推測してます。

 

 

個人的お気に入り度

87

 

≪112≫新政 エクリュ 2014 生酛 木桶仕込み

 さて、新酒に続いて26BYのお酒です。

当ブログ初登場の新政からエクリュの2014verで木桶仕込です。

 

実は新政は初登場ながら結構飲んでおりまして、佐藤卯兵衛だったり、やまユの初期だったり、カラーズも初期から飲んでるので、実はかなりの新政信者でした。

まぁ、最近こそ入手難易度は落ち着きましたが、依然手に入りづらいですしね。

日本酒のめりこみ人間にありがちな、少し新政から引いた目で見ておりました。

 

本当はやまユを飲みたいんですが、それは別格のレア度ですらね。

こちらは偶然手に入った一本で非常に楽しみにしておりました。

ちなみに1年前に通常のエクリュをやってますが、そちらはそこまでの感動もなく普通においしくいただきました。

ぶっちゃけ、6の方がわかりやすいうまさだなと思ったり。

 

さてさて、

 

f:id:funacky1988:20171210230451j:plain

f:id:funacky1988:20171210230453j:plain

f:id:funacky1988:20171210230455j:plain

f:id:funacky1988:20171210230500j:plain

f:id:funacky1988:20171210230458j:plain

 

まあ。ラベルについては今更言うまでもなく。

 

 

イソアミで、マスカットの風味。若干のビネガー。

驚くほど、フレッシュというか老ねた感じのなさ。

 

これはすごい。

下手なムロナマゲンのお酒よりフレッシュかもしれん。

加えて、まろやかさ、円熟味がしっかり

味わいの強さも健在。

果実味は控えめですね。しいて言うならマスカット。

フルーティというより、純粋でまろやかな糖。

透明感はもちろん、ミネラルもほのかーに。

この部分は、去年飲んだ通常バージョンの方が強く感じました。

でもそれよりはるかに「楽しい」

 

上述したように、ひねた感じ、熟成感はなく。

酒を寝かせていたというより「眠っていただけ」というぐらい。

米の芯の純粋な甘みでしょうか。

単純な比較はできませんが、玉旭のときにかんじたアルコール数では想像できない、力強さ、芯の強さ。

うまいのはもちろん、「素晴らしい」と言いたくなるお酒。

評論家気取りたくなる驚きですね。

 

ただかなり繊細なので、たばことか匂いの強いものはきついかな。

繊細ながら、大きな世界観を持ってます。

 

3日目

初日からはだいぶ落ちますね。

去年飲んだ通常ヴァージョンに近い感じ。

フレッシュさは健在ですが、ほのかに乳酸が効いた新政の感じ。

 

正直初日飲んだ印象は、飲んだ新政の中でナンバーワンでした。

その分、日を置くと少し落ちますね。

やまユ飲めたら飲みたいなーと思いつつ、チャンスがあったらまたブログで取り上げたいです。

 

個人的お気に入り度 90

≪111≫玉旭 ECHOES 酒母搾り 純米生原酒 29BY

作の記事の時に、29BYはひと段落と書きましたが、誘惑に負け購入。

富山県玉旭酒造の玉旭ECHOESです。

購入先は府中の中久本店さんで、以前より気になっていた銘柄。

当ブログ的には初富山県のお酒かな?

 

非常に楽しみで、店頭ではラスト1本でしたよー。

バックヤードにはあったのかもしれませんが。

 

 

f:id:funacky1988:20171208201722j:plain

f:id:funacky1988:20171208201725j:plain

f:id:funacky1988:20171208201733j:plain



透明な瓶ということで、黄金色が際立ちますねー。

裏ラベルから低アル酒ということがうかがえますが、新酒の時期に低アル酒を出してくるっていうのもおもしろいなぁ。

酵母自体は、チューリップからとれた酵母だそうで。

さてさて、

 

明るいセメダイン臭に、若干の酢、ビネガーぽさ・

リンゴ酢かな。奥でバニラがきらっと輝く。

 

ああ、おもしろいですね!!

はっきりとした酸味。柑橘、レモンかなぁ。

香りの通り、リンゴ酢的、酢のようにも。

酸味が主役で派手に伸びますよ。

甘み、旨味も感じられますが、酸味が主役でわき役に徹しますね。

酸味が、じんわり舌に広がるし、きちんと深みのある酸味なので、飲んでいて満足感が非常に高いです。

味わい自体はドライに切れていきますが、酸味の余韻が程よくあるので、これもグッド。

 

酸味主体のお酒でいうと、舞美人なんかよりは果実感、甘みがしっかり。

あべのレグラスよりはビビッドに、はっきりとした酸味の主張を感じます。

低アルコールでいうと、上述のレグラスとか残草蓬莱のクイーンが思い出されますが、やっぱり低アル特有の味わいの出力の弱さを感じてしまうんですよね。

対して、この玉旭は味わい自体のスケール感は通常のお酒に引けを取らないです。

 

白ワイン的とも言えますが、安い白ワインにありがちなうすーい酸味に、若干の渋さみたいな感じでは全然なく。

日本酒でありながら、うまく白ワイン的要素を取り入れていると思います。

(まったくワイン詳しくないです。)

 

いやー素晴らしいですね。

個人的にはサプライズでした。蔵元自体どういうお酒を主軸に置いているかわかりませんが、これは非常に興味深いですね。

さすが、感想日誌さんやっぱり先駆者の目の付け所はすばらしいです。

 

2日目、3日目ともに力強さは健在で、崩れませんでした。

うまい!!

 

個人的お気に入り度 89

 

≪110≫結ゆい 純米大吟醸 備前雄町 27BY

さて、当ブログ最高級酒の登場です。

720mlで5,000円で、騒ぐほどではないですが個人的には高額で。。

きちんと味わう舌があるかどうか心配です。

 

上半期まとめ記事でも書きましたが、日本酒飲み始めのころちょうど出会った銘柄で、当時まだマイナーだったのがこちらの結です。

ちょうど、杜氏を奥様が務められた頃だったと思います。

そこからは皆さまご存知の通り、着々と実力と人気を獲得し今に至ります。

だって、はせがわとか鈴伝で買えますもん。

 

さて、久しぶりの結ということで、当時出会った酒屋さんで購入したわけですが、店員のおじさま(きっと先代)に結のおすすめを聞いたところ、

「これだよ!最後1本だし!」と勧められたのが、これなんですが。

僕はその方を覚えてましたが、向こうからしたら初見の客に一番高いのを勧めてくるのが、最高にクレイジーですよね。笑

 

一杯ひっかけた後だったので、買ってしまいましたが笑

ま、久しぶりの結ということで、背伸びもよかったと思います。

 

ちなみにタイトルにもある通り、27BYで約1年熟成。

店の冷蔵庫で8月まで、家のレマコムで約4か月。

 

27BYは、雄町サミットで優秀賞を獲得したものです。

28BYは、新酒鑑評会で金賞を獲得してますので、良かったらぜひ。

 

f:id:funacky1988:20171202231923j:plain

f:id:funacky1988:20171202231925j:plain

f:id:funacky1988:20171202231928j:plainf:id:funacky1988:20171202231931j:plain

 

ベルベットのラベルで、さすがの高級感。

磨きは38.有機栽培の備前雄町。

 

記事を書いているときから、ぷんぷんするんですが、非常に品の良いメロンの香り。

和三盆ぽい和の甘みもうっすらと。匂い的には、熟成は感じられず。

 

あぁ緊張してきました。

冷蔵庫から出して、30分程度置いています。

 

よく磨きこまれてますね。さすがです。

口当たりよく、さながら水のような舌ざわりから、熱感を帯びた味わいが染み出します。

甘みも存在感強く、品の良い、香りの通り和三盆のような品の良い甘み。

大吟醸らしいキレイながら、きっちり味わいの感じられる一杯です。

 

しいていうなら、本当若干のひねた風味がマイナスかな。

その辺を承知したうえで買っているので仕方ないですが。

買いたてでいただくか、もう少し置いてもよかったかもしれないです。

 

まぁここからの変化もあると思うので、しばらく様子見ですね。

がっつり飲むにはもったいないと思います。

≪109≫上喜元 大吟醸 山田錦 あらばしり活性生酒

今回は、言わずとしれた「上喜元」です。

ちょうど日本酒を飲み始めた頃、行きつけの酒屋さんが鬼のように勧めていた銘柄で、初心者の僕に日本酒とはなんぞやというのを教えてくれました。(という気がする。)

 

今回は、大吟醸(精米35)ということで、このブログでここまで磨いたものは初めてかな。加えて、久しぶり(鍋島以来)のアル添酒です。(特別、純米好きってわけではないですが)

また、このスペックで一升瓶で5,000円という破格の安さ。

 

 

f:id:funacky1988:20171202091452j:plain

f:id:funacky1988:20171202091521j:plain

f:id:funacky1988:20171202091525j:plain

f:id:funacky1988:20171202091528j:plain

 

銘柄自体久しぶりですが、相変わらずのトラディショナル系のラベル。

おりは、ビン底指2本ぐらいですね。

 

 

さていただきます。

 

せっかくので、上澄みからいただきます。

 

香 イソアミとカプエチの良いバランスの香り

 

味 あらばしり部分ということもあり、スパイシーでほどよい刺激感ですね。

  サプライズはないですが、非常に綺麗で飲みやすいですね。

 

撹拌すると、活性化してきますね。

 

香 クリーミーさが加わり、少しチーズっぽい発酵臭も。

 

味 

若干癖のなるオリの風味に、サイダーのような清涼感。

甘みは存在感はありますが、わき役に徹していますね。

また、こちらも控えめながら、旨味の存在感は十分です。

ただ気になるのが若干渋い点。

千代むずびのにごりに通じる点として、結構おりが重いおりなのでちょっとくどく感じてしまいます。

ただ、千代むすびより甘みはスリムで、癖も控えめ。

米のミルキーさ、メロンぽさですかね。

全体的に卒なくまとめましたという印象ですね。

サプライズという点では控えめ。ちょっと一升瓶だと飽きちゃうかなー。

 

 

3日目

かなり活性化されてますよー。

やっぱりオリ由来のクリーミーさ主体。つたない表現だと、カルピスソーダ(微炭酸)といった印象。

 

にごり系のお酒を数種類扱いましたが、奈良萬がずば抜けて好きで、他はいまいち。

個人的ににごりは得意分野ではないですね。

本当、気持ちのオリが絡む程度が一番好き。 

 

個人的お気に入り度 83(値段を考慮して)

≪108≫積善 ひとそべり 28BY

当ブログ最多登場の長野県から「積善」です。

以前記事にした戸隠の記事にて、越後屋酒店さんで購入した1本。

 

酵母を使用した銘柄ですが、東の来福、西の天吹が有名で、山梨の青煌も花酵母使用ですね。

こちら積善もかなり情報でお見かけすることもあり、非常に楽しみです。

 

個人的に花酵母使用のお酒は、エレガントな香りに上品な甘みのお酒というイメージですが、こちらはいかがでしょうか。

 

f:id:funacky1988:20171202080315j:plain

f:id:funacky1988:20171202080304j:plain

f:id:funacky1988:20171202080346j:plain

f:id:funacky1988:20171202080408j:plain

 

70精米の、いわゆる純米なのかな?カトレア酵母を使用しています。

 

結構酸味の際立ちますね。若干梅のような香り。

 

第一印象は、梅ジャムですね。笑

続けてブドウかなぁ。精米からもですが、かなりどっしりした旨味。

甘みと酸味のコントラストは鮮やかで、素直で砂糖のような甘みが伸びて行きます。

ただ、後味はかなりさっぱり。ただ、鼻腔に余韻はしっかり漂います。

過度に主張せず、じんわりと味わえます。長野のお酒らしく腰を下ろしたどっしり感も素晴らしいです。

ふくよかさ、味わいの太さがあり、若干の土っぽさ、適切かは分かりませんが、「田舎っぽさ」も。

風味もある中で、癖のない甘みが顔を出し、非常に飲みやすくかつ満足できる一本です。

 

なかなか個性もあり、きちんとおいしいですね。

 

個人的お気に入り度86

≪107≫作 新酒 純米大吟醸 29BY

在庫を多く抱えている当ブログというのに、新酒をまた扱います。

ただ、新酒はこちらでしばらく取りやめ。

篠峯なんかは気になりますが、まぁ様子見しておきます。

 

さて、当ブログ初登場の有名銘柄「作」です。

ちょうど日本酒を飲み始めていたころは好き好んでいた銘柄ですが、最近は入手困難になったことと、ミーハーさを嫌う傾向があり久しぶりの家のみになります。

こちらは四季醸造蔵なので新酒というのにそこまで特別感はないように感じますが、なんとなくおいしいそうな雰囲気を察知しました。

f:id:funacky1988:20171130213635j:plain

f:id:funacky1988:20171130213640j:plain

 

f:id:funacky1988:20171130213646j:plain

f:id:funacky1988:20171130213652j:plain

 

作の特徴である火入れで、純米大吟醸スペックでございます。

〇〇の智だったりインプレッションシリーズだったり、そういったラインナップとまた一線を画すことから、蔵元の気合が入っている一本なんじゃないかと邪推してしまいます。

 

非常にフレッシュで、ベリー、メロンの果実感。非常に甘みあふれる印象です。

 

ザ・フルーティですね。

つるつるした

舌ざわりから、非常に純度の高い甘みが舌全体に伸びて駆け上がります。

メロン、パインのような熟した甘み。

新酒にありがちな淡麗さというのはなく、フレッシュでありながら旨味、酸味も出ています。

ただ、甘みがほぼ主役のお酒なので、ひたすら甘みメイン。

この甘みが品の良くかつ、存分に嫌みのない甘みなので飽きさせませんね。

 

大吟醸らしくキレイでありながら、かつただキレイなだけのお酒ではないですね。

貧相でなく、スタイル抜群で、でもいやらしくないような。

 

1,800円(税抜)のお酒ですけど、じんわり味わうというよりカジュアルに、あまり考えずに、気楽に飲むには最高のお酒だと思います。

たまーには、こういうお酒も良いですね。

 

3日目

相変わらず輝きとフレッシュ感のある香り。

ただ、味わいのスケールは二回り程度落ちてしまいましたね。

フルーティかつフレッシュという線はぶれませんが、若干今日は後味の渋みが気になります。

余韻が息切れして続きませんね。

開栓したら、2日以内にやっつけた方がよいお酒です。

 

これを機に「作」をやることはなさそうですが、プロトタイプなんかは興が乗ったら買ってみようかと思います。

 

お気に入り度88