日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪152≫燦然 純米大吟醸 雄町 50磨生原酒 29BY

本来飲むはずだったお酒より、新しく気になったお酒を買う傾向にあり、いつまで経っても冷蔵庫のストックが減りません。

 

先週、西武池袋の地下でフェアをしていて、岡山の燦然は中々飲む機会がなかったのでお邪魔してきました。

山田錦の純米、オリジン?という銘柄、こちらのお酒が生原酒系では目立ってました。

あとは木村式奇跡のお酒という商品。

試飲して、オリジン?がスパイシーな感じで好みでしたが、せっかく岡山からいらしてくれてるので、一番高価なこちらを購入。

 

f:id:funacky1988:20180421072145j:plain

f:id:funacky1988:20180421072149j:plain

f:id:funacky1988:20180421072153j:plain

f:id:funacky1988:20180421072156j:plain

 

メロン。純度の高い、またちょうど良い熟し具合。

完熟どろどろの一歩手前で、きちんと果肉の残る具合。

 

だいぶ華やかですねー。華やかさマシマシ。気品もあります。

続けて甘みが追ってきます。

ベタベタ、あまあまなタイプではなく、華やかさの割にはおとなしいと言えます。

後味もスパッと多少の余韻を残してキレていくタイプです。

 

芳醇だけど濃密でなく、わりと食中酒としてスルスル飲めると思いますね。

香り通り、メロンですね。純度高め。

果肉ごろごろというよりは、良いところのエキスを抽出して甘みを調整してような印象ですね。

渋みなんかは、うっすら程度。そこまで気になりません。

 

少し温度帯が上がると、ピリピリスパイシーな雰囲気も出つつ、また楽しめます。

 

今の流行っぽいつくりだと感じますね。バランス的には、以前飲んだ賀茂錦の雄町に通じる甘さもあり、ジューシーさに偏り過ぎないバランスタイプを思い出しました。

 

 

≪151≫白龍 純米新酒初しぼり生原酒 29BY

通風前に飲んだ最後のお酒です。

メモは残してますが、本当は記憶も薄れているので悩んだんですが、久しぶりの飲酒にテンションも上がったので書いちゃいます。

 

以前の大阪ハレトケさんで購入したものです。

ご存じの方も多いと思いますが、福井県 九頭竜川近くの吉田酒造さんの白龍です。

ちょうどこのお酒を飲んだ後、NHKで放送されてましたよね。

それまでは、「女性杜氏」「最年少」「クラウドファンディング」ときな臭い(個人的な感想です)雰囲気に辟易としつつ、実際味わった段階では、「うまいじゃん」となった訳ですが。

まぁ、この辺りは不快に思う方も多いと思うので、後述します。

 

 

f:id:funacky1988:20180411200711j:plain

f:id:funacky1988:20180411200713j:plain

f:id:funacky1988:20180411200716j:plain

f:id:funacky1988:20180411200719j:plain

 

多分こちらの標準的な銘柄でしょうかね。

確か、ふるさと祭りでは青いボトルの直汲みのものを飲んだ記憶があります。

 

リンゴ、ややセメダイン。シューッと爽やかな風味もあります。

 

舌触りはなめらかさと、少し荒々しい雰囲気も感じます。

白老とか近いかな。

ただ、明るく、さわやかな甘み。

ベタベタせず、すーっと伸びて行く甘みです。

 

ちょいセメダインとマスカットの風味も。

普通においしいですね。(言葉悪いですが)

白老を甘くして、飲みやすくした感じ。

子ども舌でフルーティなものを求める傾向にあるので、こちらの方がすきかもしれません。

ライトながら、味わいもきちんと感じられ、心地良いです。

 

 

雑ぱくですが感想でした。

 

 

 

さてさて、先述しましたが、後出しですが、ちょっと語らせてください。

おいしかったです。この調子だったら都内でも売れていくと思います。

 

ただ、いかんせん杜氏さんの特徴を商売っ気出して売りすぎ。

確かに、「女性杜氏」「最年少」「24歳」というのは特筆すべき点だし、ストーリー性もあると思います。

ネタバレもあると思うので詳細は伏せますが、NHKを見た後に、「あぁ、確かに大変だよな。失礼だったな」と思いましたが、まず味わいがあって、その後に杜氏の方の特徴があってしかるべきだと思うんですよねー。

クラウドファンディングという手法は否定しませんが、「こんな女性ががんばってます!!応援してあげてください!!応援してくれれば出来たお酒あげます。」じゃないと思うんですよね。

くどいですが、「おいしいお酒があって、実はこんな若い女性が作ってるんですよ」っていうのが大切だと思います。

それなら、どこの蔵も大卒の跡継ぎにやらせてクラウドファンディングすればお金は集まりますよ。(○番煎じっていう批判はあるでしょうが)

クラウドファンディング杜氏さん(蔵元)で企画したんなら良いです。ただ、なんとなく裏で糸を引いている人がいるような。

 

このブログも影響力があるか本人が一番分からないので、好き勝手言ってますが事実誤認だったり名誉毀損なら削除しますので。

ただ、このお酒がいまいちなら記事にしなかったですし、おいしい分クラウドファンディングの手法が気になったので、書かせてもらいました。

 

個人的お気に入り度 87

≪150≫姿 純米吟醸 無濾過生原酒 愛山 直汲み 29BY

再起動から、どんだけ経つんだよ笑

やっと飲めますよ。本当。

 

追記しますが、ちょっと前に青森に行って飲んだので、久しぶりという訳ではないですが。

でも自宅で、自分の好きなお酒を飲むという意味では、本当久しぶりです。

 

通風発症前には、白龍、黒澤なんか飲んだんですが、萎えてしまい。

それは追々。。

 

脱線してしまいましたが、再始動は姿の愛山からで。

本当は、津島屋の四十二才の春を狙ってたんですが、中々購入機会に恵まれず。

惹かれたこちらで。

 

都内の某有名酒屋さん限定の直汲みverです。

 

f:id:funacky1988:20180411192729j:plain

f:id:funacky1988:20180411192740j:plain

f:id:funacky1988:20180411192735j:plain

 

姿をマイフェイバリットにしているものの、そこまで詳しくないなー。

愛山は初なんですかね?

しばらく情報を断っていたので、本当浦島太郎状態。

 

いやー久しぶりということもあって、非常に華やかに感じますね。

まさにカプ。この辺りは、信頼の姿。

 

おお、さすがですねぇ。非常に華やか、かつエレガント。

甘さマシマシで来るかなと思いきや、ぐっと力強くフルーティさが出て、優雅にキレていく感じ。

このバランスはさすが。ベリーど真ん中で、甘みも上品。

 

一応、直汲みということで、良くある発泡感はなし。

なんとなく、弾力性というか、ハリがあるような気がしますね。

 

ただ、段々と飲むに従い、というか温度が上がるに従い苦みが気になるかな。

苦み単体と言うより、えぐみも内包しているような。

ちょっとマイナスですね。

全体は、良いバランスなのにその分チグハグに感じてしまいます。

 

うーん、久しぶりなので細かい部分が鈍ってますね。

日本酒としては、及第点。姿とすればこのぐらいは、当然やってくれるレベルだと思います。

愛山という希少性とその分のコストを考えると姿が良くやる山田錦とか雄町なんかで十分かなと、率直に感じます。

 

まぁ、期待値が高すぎましたね。十分おいしいですよ。

 

 

個人的お気に入り度 86

愉快者 再始動

ご無沙汰しております。

いよいよ新年度、桜が散り始める季節となりました。

体の方も落ち着いてきたので、ストックもあることから徐々に再開していこうと思います。

一か月は、試運転がてら1週間に1銘柄程度でいこうと思います。


とりあえず決めてるのが、まつもと、山城屋、津島屋あたりでしょうか。

どうしても有名銘柄になってしまいそうです。


再開は1週間後かなー。

その間、病院にもかからないと。



ブログにかかわるお知らせ

長い間の放置大変申し訳ございません。

その間多くの方にお越しいただき誠にありがとうございます。



ブログに関わるお知らせですが、見事通風を発症してしまい、3週間程度経ちます。

とりあえず今は無事生活できてますが、少し休憩しております。

もう少し早くお知らせすればよかったですが、少し不貞腐れておりましたね笑


とりあえずあともう少しおやすみして、少しペースを落として再開したいと思います。

(いや、そんなアホみたいに飲んでないと思いますが体質もあるんでしょう)


意外と呑まなくても大丈夫ですが、日本酒業界も生き物で、日進月歩の部分があるのでブランクがあるとだいぶ遅れてしまいそうです。

とにかくおいしい日本酒飲みたい欲は健在なので、また飲むことを励みに生きようかと笑


みなさんもくれぐれもご自愛くださいませ。

≪149≫一乃谷 大吟醸 暁 斗瓶中取り無濾過生原酒 29BY

今回は、こちら。

 

福井県 株式会社宇野酒造場さんの「一乃谷 大吟醸 暁 斗瓶中取り無濾過生原酒」です。

いただいたのは少し前ですが、現在、大雪により大変な状況の福井県のお酒ということで、ブログに上げて良いのかというのも正直気になる点です。

 

こちらの銘柄は、非常にコスパに優れた銘柄で、酔いどれオタク様でも記事にされております。

重複になりますがご紹介を。

 

山田錦100%使用、40%精米、斗瓶どり、中取り、無濾過生原酒、しかも箱付きという日本酒スペックマニアにはたまらない銘柄となっております。

税抜き1,500円で購入しました。

このブログをご覧になる方は、ある程度日本酒を飲まれていると思いますので、いかに破格かというのが分かっていただけるかと。

販売店の方も、「このお酒は、蔵元さんも赤字で出していますよー」とおっしゃっておりました。

それにしても安すぎますよね。安いのは良いと思いますけど、採算が取れる値段付けでないと、良質な日本酒の出荷が続かないと思うので、せめて箱はなしにするとか、斗瓶の工程は排除するとか、中取りでなくてブレンドにするとかして良いと思います。

 

f:id:funacky1988:20180210122306j:plain

f:id:funacky1988:20180210122311j:plain

f:id:funacky1988:20180210122315j:plain

f:id:funacky1988:20180210122318j:plain

f:id:funacky1988:20180210122314j:plain

 

バナナに、バニラの香り。イソアミですね。

少し熟してとろける感じ。

 

 

シルキーで、綺麗な舌触りです。

きれい系なメロンを想像していたので、少し驚きました。

柔らかなで、上質な砂糖の甘み。とにかく癖がないですね。

カスタードクリームのような豊かな優美も伴っております。

一応、アル添酒ということで、特有の辛みもあるのかなと思いましたが、後味でうっすら感じる程度ですね。

どの程度添加しているかは分かりませんが、ちょうど絶妙な加減ではないかと。

大吟醸という味わいの中で、コクとしてきちんと感じられる部分もあれば、つるつると癖のなくいただける部分もあり、バランスが非常に逸脱だと思います。

 

好みの差こそあれ、一定の評価をしていただけるレベルとお値段のバランスです。

 

 

個人的お気に入り度 86

≪148≫吉乃友 富の香 純米吟醸無濾過生原酒 29BY

だいぶ更新が滞りましたが(もはや恒例)また更新していきたいと思います。

昨今の日本酒界隈は、次々に注目銘柄が現れてきており、追いついていくのが楽しい反面、少しタイミングを逃すと追いつけない恐怖というのがあるように感じますね。

少し、ペースも上げて行こうと思います。

 

 

さて、今回は以前の大阪記事のハレトケさんで購入した「吉乃友」でございます。

記事の中身は、日本酒日誌係さんリスペクトで、行きたいお店もトレースしました。購入するお酒自体は純粋に自分の買いたいお酒を選んだつもりでしたが、まんまとかぶりましたね笑

 

全く知らない銘柄なので、少し説明をすると、

富山県富山市の吉乃友酒造有限会社さんの銘柄で、「よしのとも」「吉乃友」が主な銘柄でしょうか。

純米酒なら富山で一番」と主張するぐらい、純米酒にこだわっているようです。

山梨での取り扱いはありませんが、都内ですと富山のアンテナショップや、小山商店、宮田酒店では取り扱いもあるようです。

詳細は、蔵元HPをご覧ください。

 

 

f:id:funacky1988:20180210113743j:plain

f:id:funacky1988:20180210113746j:plain

f:id:funacky1988:20180210113750j:plain

f:id:funacky1988:20180210113754j:plain

 

クラシカルなラベルをモダンにアレンジしたラベルですが、個人的にはこういうの好きです。

瓶もピンクで、コストもかかりそうですが、こういった点で努力しているのも応援したくなりますね。

 

さてさていただきましょう。

 

 

じんわりと香りますね。まずメロン。チョコっぽさも感じますね。

 

清涼感があり、フレッシュな味わいです。基本的には、香り系フルーティ酒路線。

ボディは、細めながら甘み、酸味を伴っております。

香り系と表現しましたが、きちんと甘みも出ております。

まろやさかだったり、味わいも楽しめるのが特徴でしょうか。

香りでも感じられたチョコっぽさがどうでしょう。

楽しめる方は楽しめるでしょうし、気になる方は気になるかもしれません。

すーっときれいなお酒に落とさない点では、個人的には個性的で評価したいと思いますね。

 

2日目

相変わらず、メロンにチョコ。

かなり酸っぱさが出てきましたね。1日目の酸味とは、また違うハッキリ分かる「酸っぱさ」

総合的にまとまりのあるお酒が多い中、攻めているお酒だと思いますねー。

非常にアンバランスながら、僕は破綻しているようには感じないんですよね。

個性的だなぁ。この味わいが「ハマる」人は少なそうですが、標準的に楽しむことはできる味わいだと思います。

また、機会があれば飲みたいと思います。

 

 

個人的お気に入り度 84