読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪13≫豊賀 純米 氷温熟成生原酒

本日はこちら。

長野県小布施町の蔵元です。

毎年のように飲んでいて、安定して素晴らしい酒質と

リーズナブルさから、大好きな銘柄の一つです。

女性の杜氏さんでも知られていますよね。

 

フレッシュな酒質が飲みたかったのですが、たまたま店頭にこちらがあったので購入しました。

 

f:id:funacky1988:20170320165112j:plain

f:id:funacky1988:20170320165117j:plain

f:id:funacky1988:20170320165120j:plain

 

 2017年(平成29年)製造で、27BYということは1年近く熟成させたということでしょう。

 恥ずかしながら、速醸フレッシュ酒ばかり飲んでいるので熟成酒はほとんど経験がありませんが、良い機会なので購入しました。

 

 香:フルーティーな香りの中に、やや熟成感?が同居しますね。品の良い香り。

 味:やや熟成感はあありつつ、軽い旨味がジリジリ舌に浸透するような印象。

 ほー、豊賀のフレッシュな印象を残しつつ、熟成感も出しつつ、飲みやすくした味わい。

 熟成酒はほとんど飲まないので、どうこうは言えませんが、飲みやすい仕上がりなのは間違いないですね。

 フレッシュさと軽やかな甘みがさっと広がり、熟成感が最後残ります。

 本当品のよい熟成風味ですね。

 精米歩合からして、多少雑味もあるかなと邪推していましたが、雑味は皆無でした。

 きちんと旨味と甘みを乗せて造られたお酒でした。

 出荷までに時間をかけていることを思うと、税抜きで1200円は安すぎましね。

 もう少し取って良いのに…

 

 2日目

 昨日より、派手な甘みが出てきましたね。

 生原酒ならではのフレッシュさ、熟成感も昨日同様あります。

 気持ち、とろーっとしてきましたね。昨日のフレッシュさに熟成感をコーティングした感じも好きですが、とろーっと熟成の感じが楽しめるのも好きです。

 

 

個人的好み:82/100

 名称:豊賀 純米酒 氷温熟成生原酒
 精米歩合:70%
 使用米:不明
 アルコール度:17%

 日本酒度:+2

 酸度:1.8

 スペック:氷温熟成生原酒

 蔵元情報:高沢酒造株式会社

 購入価格(税抜):1,200円/720ml

≪12≫安芸虎 純米吟醸たれくち

東京都近郊の日本酒好きの方ならほとんどの方がご存じであろう、有楽町の「とき蔵」

に行って参りまして、日本酒の飲み比べを行いました。

その時に印象に残ったのが、こちら。(その時は、酉酉酉という酉年限定銘柄でした。)

 

有光酒造場の「安芸虎」です。

すごく勝手なイメージですが、高知のお酒といえば辛口の印象があります。

f:id:funacky1988:20170313231938j:plain

f:id:funacky1988:20170313232010j:plain

f:id:funacky1988:20170313232016j:plain

f:id:funacky1988:20170313232021j:plain

f:id:funacky1988:20170313232027j:plain

 

いいですねー。本当かっこいいラベルだと思います。

力強さもあり、潔さもあり、風格さえあるような。

 

 

さて、いただいてみます。

 

香:やや青リンゴ。バナナ感も。ドライさを感じ取れるような雰囲気。

味:いいですね。たれくちということもあり、少しガス感も感じます。

 フレッシュさも、もちろんあります。

 パイナップル+リンゴ+α的な果実感。メロンも。

 パイナップルが強いかな。甘みも乗りますが、すっと切れていきます。

 舌への滞在時間は短く、すっとドライに切れます。

 ただ、存在感は抜群ですね。

 全体のボリュームは、言葉は悪いですが中肉中背。

 大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良いバランスだと思います。

 これは、おいしいお酒。有楽町で飲んだとおりの印象でした。

 

 焼き鳥とか、鳥の脂と相性が良いですね。

 基本は辛口なお酒なのかもしれませんが、きちんと味わえるお酒。

 

 それにしても、50まで磨いて、1325円ですか。

 非常にお安いと思います。

 

2日目

 ガス感は落ち着いたなー。

 メロンの甘みに、白ブドウを連想させる渋み。

 けれども、旨味主体で後味はややドライかな。

 飲みやすく、食事にも合う辛口酒。 

 

個人的好み:86/100

 名称:安芸虎 純米吟醸たれくち
 精米歩合:50%
 使用米:八反錦
 アルコール度:16%

 スペック:たれくち 生酒

 蔵元情報:有限会社 有光酒造場

 購入価格(税抜):1325円/720ml

 

≪11≫姿 純米吟醸無濾過生原酒 袋吊瓶囲い おりがらみ 山田錦

 

 

 

さて、個人的にプレミアムなやついっちゃましょうか。

栃木県飯沼醸造さんの「姿」です。

以前から大好きな銘柄で、鬼怒川旅行の際に、地元向けの「杉並木」のにごりをいただきましたが、べらぼうにおいしかった記憶もあります。

 

こちらは、姿の純米吟醸生原酒の袋吊瓶囲いをフライングで、1月に出したおりがらみverとのこと。

日本酒好きとしては、このスペックと、特別感からしてたまりませんね。

 

 

 

f:id:funacky1988:20170313225847j:plain

f:id:funacky1988:20170313152916j:plain

 

f:id:funacky1988:20170313225859j:plain

和紙の箔付けの感じがとてもおしゃれ。

 

香:芳醇な香りですね。気品が漂います。イソアミっぽさ、カプエチっぽさのハーフですね。

味:舌触りが非常になめらかです。重厚というか、厚みがあるというか。それでいて、軽やかさも持ち合わせている印象。完熟の白桃を思わせます。

 ジューシー!というより、粘度のある果実感。言葉は悪いけど、ねとっとした感じ。

 やや、後味は苦いかな。

 蜜のような甘み、それでいて舌触り。飲み終わった後に、不思議な清涼感が口に広がります。

 口に入れた瞬間から、フィニッシュにいたる間まで劇的に変わっていくお酒ですね。

 さすが、姿。さすが、袋吊りの特別感。です。

 

 2日目

 昨日より、酸味が主張するように。

 相変わらず舌へのタッチは柔らかく、それでいて存在感があります。

 後味は、本当に清涼感がありますね。

 甘みも十分なんですが、昨日よりかは完熟感は減少気味。

 丁寧な造りだけあって、舌へのタッチ、味わいの広がり方は素晴らしいですね。

 ただ、後味に残る渋みがやや気になるかな。それ以外は、本当素晴らしいと思います。

 

これだけ手の込んだお酒を、この価格で販売するサービス精神にただただ感服です。

 

 

個人的好み:87/100

 名称:姿 純米吟醸 袋吊り壜囲い おりがらみ 無濾過生原酒 山田錦
 精米歩合:55%
 使用米:山田錦
 アルコール度:17.1%

 酸度:1.8

 日本酒度:+1

 スペック:袋吊り壜囲い おりがらみ 無濾過生原酒

 蔵元情報:飯沼銘醸 株式会社

 購入価格(税抜):1600円/720ml

 

≪10≫大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生

※2月に飲んだお酒です。

清泉を勧められたお店で勧められたもう1本がこちら。

 

実は家飲みは初めて。

地酒界では超定番のお酒。長野の中でも重鎮なんでしょうね。

本当一度長野の飲み屋さんとかで、長野のお酒事情をうかがってみたいですよね。

海なし県では、山梨と共通点がありながら、層々たる蔵元が渦巻いてますし。

 

f:id:funacky1988:20170307214229j:plain

f:id:funacky1988:20170307214236j:plain

f:id:funacky1988:20170307214240j:plain

 

さて、こちら。純米吟醸純米大吟醸をブレンドしている破格なお酒。

名前からしてタダモンではないです。 

 

香:おーカプエチですね。爽やか。

 

味:おお、すっげぇな。すっきりしてる。

  ひたすら透明で、かつ軽やか。舌の上に転がすと徐々に青りんごのような甘みが顔を出します。後味に至るまでほとんどドライ感はないなぁ。

  思った以上に、すっきりできれいな酒質。

  下手な比較ですが、千代緑の甘みを5とすると、こちらは1.5ぐらいかな。

  きちんとこの甘みとすっきり感の調和がしている。

 

  少し時間を置くと、3ぐらいの甘みに。

  時間を置くと、フルーティーの王道的な風味に。

  旨味とか甘みの派手さで行くと、千代緑の方が上かな。

  キレとか、軽快さでいくとこっち。

 

 2日目

 香:相変わらずのフルーティさ

 味:昨日のスマートな感じに比べたら、だいぶ華やかになった印象。味わいも出てきた。

  舌触りは、なめらかなんだけど、すっきり感もあり、徐々に8割程度熟した甘みが顔を出します。かなり長く、味が徘徊しますね。

  スムーズで、スマートなボリュームなんだけど、ほどよくエレガントです。

 

 個人的には、初日のあの繊細さが好きですね。大信州はラインナップが広すぎて追い切れないんですが、もう少し手を出したいですね。

 

個人的好み:84/100

 名称:大信州 別囲い純米吟醸番外品 生
 精米歩合:59%
 使用米:ひとごこち
 アルコール度:16%

 スペック:生

 蔵元情報:大信州酒造 株式会社

 購入価格(税抜):1500円/720ml

≪9≫聖 特別純米 槽場直詰 INDIGO

群馬県のお酒

※12月に飲んだお酒です。

 

f:id:funacky1988:20170307215601j:plain

f:id:funacky1988:20170307215605j:plain

f:id:funacky1988:20170307215607j:plain

 

あー白飛びしてますね。すみません。

 

かなーりイカしたラベルなので購入していました。

群馬県渋川市の聖酒造さんのお酒です。

デニム地に赤色の文字が非常にクールです。

 

瓶火入れなので1回火入れですかね…?

 

さていただいてみたいと思います。

 

無色透明な瓶に、ハイテクな栓。

日本酒好きとしては、この組み合わせなだけでドキドキしちゃいます。

 

香:華やかな香りですね。なんとなく黒糖みたいな雰囲気も。

味:すーっと入っていきます。酸と甘みは少し弱め。

  なんとなく後味にカカオ?とか黒糖?みたいなビターさを感じます。

  直線状に味が広がり、昇降せず落ち着きます。

  酒質自体はクリアに感じましたが、味わいはきちんとありますね。

  メモには1回火入れなのに味わいがあると書いておきましたが、そういう印象です。

  常温に置いておくと、ざらざら感が出て、甘みもまだらな印象に。

  少し、酸と渋みも気になるかな。個人的には、冷酒のほうが良いと思います。

 

2日目

 

 甘みが出だしましたね。最初に甘み8割、酸が2割。コクもきちんと。

 一般的には、辛口の部類でしょうか。後味は苦い。

 甘みと酸味がぐるぐる回るんですが、そこまで広がらない印象でした。

 

3日目

 

 ほのかな甘みと旨味がしっかり広がりますね。後味は、やっぱりドライです。

 

 

 スペック自体なかなか見ないものですが、味わいもなかなかユニークなお酒でした。

 僕の舌には、カカオとか黒糖のようなビターさを感じたなぁ…

 生もチャンスがあれば、いただきたいと思います。

 ラベルをはじめとした、ビンの色、栓の種類を見ても、非常にセンスのある蔵元さんですので、注目して見てみたいと思います。

 

 

個人的好み:80/100

 名称:聖 特別純米 槽場直詰 INDIGO
 精米歩合:60%
 使用米:五百万石
 アルコール度:16%

 スペック:無濾過原酒 一回火入

 蔵元情報:聖酒造 株式会社

 購入価格(税抜):1250円/720ml

≪8≫而今 特別純米 無濾過生原酒

三重県のお酒

さて、ついにどメジャー日本酒の登場です。

僕の日本酒人生の始まりは、而今を追い求めるところから始まりました。

いまだに而今があるとテンション上がっちゃいますからね。

 

ただ、買ったくせに「もったいない」病が出てしまい、この時期になってしまいました。

さすがに3ヶ月伸ばしたのは本当に反省しております。

f:id:funacky1988:20170307210748j:plain

f:id:funacky1988:20170307210759j:plain

f:id:funacky1988:20170307210801j:plain

 

いいですね。かっこいいですね。

ラベル、心意気。シンプル。

 

いきますか。

香:あふれでるようなフルーティーな香り。青リンゴ+バナナ。

味:ああ、やっぱりおいしいですねぇ。ファーストタッチは、がつんとジューシーな果実感が鼻に突き抜けますね。思ったより、「甘さ」は控えめで「うまみ」が十分という印象です。青リンゴ、バナナ、うっすら南国果実(マンゴー)的な華やかさも持ち合わせています。余韻は、味というよりも、香りが残ります。味わい自体は、きゅっと苦みが締めてくれます。

 日本酒の味わいの多様さ、造りの中での設計という部分。

 そういうものを教えてくれるようなお酒だと思います。(本当偉そうにすみません。)

 僕なんかがコメントするのもおこがまですが、やはり「而今」だなぁと。

 いや、町田酒造なんかとても近い印象がありましたし、本当好みの違い程度だと思います。とは言え、こういった味わいのトップランナーとしての存在感はさすがだなぁと。

 本当、日本酒に偏見のある方に手を取っていただき、日本酒にはまるきっかけとなればよいですね。

 

個人的好み:88/100

 名称:而今 特別純米 無濾過生原酒
 精米歩合:60%
 使用米:五百万石
 アルコール度:16%

 スペック:無濾過生原酒

 蔵元情報:木屋正酒造 株式会社

 購入価格(税抜):1300円/720ml

 

 

≪7≫多賀治 純米大吟醸 朝日 無濾過生原酒 直汲み 

岡山県のお酒

良い加減、リアルタイムなお酒の更新も始めて行きます…

 

岡山県の「多賀治」。別銘柄に「十八盛」という社名を用いた銘柄もありますが、今回はこちら。

ラベルの雰囲気も似ているので、もう少し差別化してもらえるとありがたいかなと。

 

f:id:funacky1988:20170305193429j:plain

f:id:funacky1988:20170305193433j:plain

f:id:funacky1988:20170305193438j:plain

 

直汲みというだけで、日本酒好きにはたまらないですよね。

 

開栓…おお、結構ガス感がありますね。これは期待大。

 

香:やはりガス感があるだけあって、サイダー的な雰囲気。うっすらバナナかな。

味:やっぱり、サイダーだわ。ガスの感じが心地良いですね。

  ここまでガスが残ってるのは、風の森レベルではないでしょうか。

  やや、果実風味の甘みと、すっきりした酸味。

  ガス感が手伝い、さっぱりが心地良く流れますね。

  最後の本当に一部、ピリオドが渋みが残る。

  これは結構好きなお酒ですねー。

  時間をおくと、ベリーというか果実のジューシーな甘みも出てきました。

  これは、良いと思いますよ。

  旨味を残しつつ、フレッシュさも残しつつ、とても良いお酒です。

 

2日目

 2日目だけあって、甘みが全面に出ますね。

 ややセメダインを感じる香りと、ブドウかな?甘みが出ます。

 ジューシーで、ガスも残りつつ、酸が脇を締める。

 個人的には、昨日の方が好きかな。やや甘みが出すぎかなと。

 

3日目

 相変わらずの芳醇な甘み、心地良い香り

 おいしいですね。

 

個人的好み:86/100

 名称:多賀治 純米大吟醸 朝日 無濾過生原酒 直汲み
 精米歩合:50%
 使用米:備前赤磐赤坂産 朝日
 アルコール度:16%

 使用酵母:協会14号、7号

 スペック:無濾過生原酒 直汲み

 蔵元情報:十八盛酒造株式会社
 購入価格(税抜):1400円/720ml