読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪29≫加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 雄町50ver.2 生酒

f:id:funacky1988:20170427221237j:plain

f:id:funacky1988:20170427221255j:plain

f:id:funacky1988:20170427221259j:plain

やっと飲めました「加茂錦・荷札酒」

本当遅すぎると思いますが、ここ半年ぐらいでいろいろな銘柄に手を出すようになり、やっとの登場です。

記事にしていないですが、赤武もやってそちらもおいしかったですね。

 

もはや説明不要かと思いますが、荷札をラベルにしてしまった斬新な銘柄。

蔵元で杜氏の田中さんは、20代と若く、大学でプログラミングを専攻しているという異色な経歴。

20代で杜氏として活躍されている方々は勝手ですが、いわゆる「秀才」「研究熱心」なイメージです。

 

ラベルのオリジナリティさからして、「売れる酒」を研究しているのが伝わりますよね。

マニア的にはタンクナンバーが振ってあるのにグッときますし、日本酒を飲まない層にも目を惹きますからね。

 

さて、ちょうど時期的に手に入った雄町の純大を。

 

香:

バニラ、アロマ。ややメロンでしょうか。チャーミングな酸も連想されます。

立体感を保ちつつ、溶けるような甘みを感じますね。

 

味わい

やさしい味わいですね、それでいてジューシーさも同居しています。

ここはきちんと雄町の良さを引き出すような造りですね。

甘みより酸味の方が割合強いかな、4:6.でも強すぎず、良い均衡を保って口の中を徘徊してくれます。

純大特有のクリアさもありつつ、味わいももちろん感じれるし、やさしく穏やかに続いてくれますね。

立体感を保ったまま、キレよく流れて、ややシルキーかな。

いいですね、本当良くできたあじわいです。

直汲み系も試したいですね。きっとガス感も合うと思います。

非常に柔らかい。ミネラルと濃密さ半々。

やや熟したメロンですね。あとレモンを絞ったかのような清涼感。

原酒としては度数も低いし、味わいもやわらかく雄町酒としてはライトだから食事にも合いますね。

 

本当同じ20代として脱帽。

 

[2日目]

パッと華やぎましたね。中濃の甘みに、渋み等一切なし。

甘みの塊がややスピードをつけて流れ込む。

フレッシュさとジューシーさ(濃厚さ)が同居した本当良いバランスです。

 

ここ数年で首都圏の販売を伸ばしているあたり想像がつきますが、本当に優等生なお酒でした。

居酒屋というより、和食ダイニングとかおしゃれな店に置かれそうなお酒です。

 

あと10年後にはどんなお酒を醸されてるんでしょうね。非常に興味深いです。

 

 

個人的好み:87/100

 名称:加茂錦 荷札酒 純米大吟醸 雄町50ver.2 生酒
 精米歩合:50%
 使用米:雄町
 アルコール度:15%

 スペック:無濾過生原酒

   値段:1,580円(税抜き)/720ml

 蔵元情報:加茂錦酒造株式会社

名古屋市の酒屋巡り「酒泉洞堀一」「リカーワールド21シバタ」「知多繁」

 

先週末、観光で名古屋に行ってまいりました。

せっかくの機会ですので、前々から気になっていた酒屋めぐりを。

(むしろこちらがメイン)

 

まず、1軒目は「酒泉洞堀一」さん。

日本酒好きで通販を利用される方は皆さんご存知でしょう。

 f:id:funacky1988:20170426180052j:plain

地区的には、駅西口エリアの中村区の住宅街にあります。

本当ここに酒屋があるの!?という印象。

一見倉庫のような店内にずらりとお酒が。

 

愛知県のお酒を含め品揃えは後述の2軒を含め1番だと思います。

小山商店さんを彷彿とさせ、近所にこういったお店があれば日本酒にはまず困らないでしょうね。いや、本当近所に住みたいです。

 

九平次、奥、山崎醸のオリジナル洞 米宗、白老など愛知県のお酒も豊富ですし、全国のいわゆる銘酒がもりだくさん。

リーチインの数もすさまじいですね。

通販に力を入れられているためなのか、きめ細やかな接客はなかったです。

店舗は初心者向けではないですね。業者とか、日本酒好きにはたまらない空間だと思います。実際、10時過ぎのオープンに伺いましたが、すでに3,4人はいました。

とにかく、マニアには、子どもにとってのトイザらスぐらいの空間でしょうね笑

 

 

続いて、名古屋駅近くの「リカーワールド21シバタ」さん

ビル群の一角に店舗を構え、1階はコンビニ風、2階に日本酒コーナーが。

f:id:funacky1988:20170426180449j:plain

義侠、菊鷹、長珍など。あとは風の森、旦、王碌、名門酒系?

種類よりも、銘柄に特化したお店ですね。

セラーには、雑多にお酒が置かれてあり掘り出し物もありそうな雰囲気が。

 

 

最後は、「知多繁」さん。

名古屋駅の東口エリアに。こちらも通販にはだいぶ力を入れられてますね。

お店の雰囲気、レイアウトはこちらが一番お酒屋さんぽかったかな笑

 

f:id:funacky1988:20170426180655j:plain

新政、五橋などなど。こちらも義侠の取り扱いがあり、タンクから選別したオリジナル商品もありました。

津島屋が一通りあったのと、菊鷹も種類が一番豊富でした。あとは、やっぱりほしいずみですかね。かなりお店としてもほしいずみを押している感はありました。

あとは、喜久盛系。 

 

全体的な印象としては、

 

品揃え 堀一〉知多繁〉シバタ

雰囲気 知多繁〉シバタ〉堀一

利便性 シバタ〉堀一=知多繁

 

だと思います。個人的には、品ぞろえが良い店はもちろんうれしいんですが、せっかくの地方なので地元のお酒が多いお店や、掘り出し物があるお店に惹かれてしまいます。

 

かなり弾丸気味でしたが、非常に楽しい一日でした。

 

 

≪28≫一歩己 純米無濾過生原酒

※12月に飲んだお酒です。

 

このブログを始めて以来、初福島県のお酒なんですね。びっくりです。

なるべく銘柄がかぶらないように、いろんな県の物をと思っているんですが、それでも東北のお酒たちってやっぱり良いお酒の物が多いですし、注目はしているんですよね。

もちろん福島県も同様で、美酒は数えたらキリがないです。

 

昨年福島へ伺った際、地元の酒屋さんで購入したのが、「廣戸川」「辰泉」「一歩己」で、その中でも一番のお気に入りが一歩己でした。

 

ちょうど、タイミングも合い初冬の時期限定のムロナマゲンを入手できました。

 

 

 

f:id:funacky1988:20170415170504j:plain

f:id:funacky1988:20170415170506j:plain

f:id:funacky1988:20170415170509j:plain

 

いいですね。こういう詩的な裏面好きなんですよね。

去年いただいたのが、火入れの純米なので、そこの違いが楽しみです。

 

 

無濾過だけあり、うっすらとオリが絡んでいます。

 

香:リンゴやマスカット由来のようなフレッシュな香り。うんうん、これ。

味:キラキラしてますねー。本当にクリアな味わいで、雑味・不純物を感じないような味わい。

  甘みと酸味が中くらいに膨らみ、それでいてすっきり。

  果実を思わせるフレーバーが広がり、最後は新酒のフレッシュ感。

  うまみ、甘み、酸がちょうどよい。抜群なバランス。

  味わいとして、濃すぎず飲み疲れしない。食事ともこれは合うよね。

  毎日飲みたいデイリー酒の至上。優等生。

  去年飲んだ火入れより、やっぱり味わいが出てるなぁ。

  気持ち、柑橘系のようなニュアンスもある。優しく切れていくのも良い。

  

  本当、この銘柄いいですね。個人的には好きなタイプです。

  火入れよりやっぱり生の方が好きですが、逆に火入れであの味わいですから、火入れの技術も相当ですね。

  蔵元のHPによるとラインナップは、4つということで個人的には生と火入れのバージョンを出す程度はしてほしいですが、考え合ってのことでしょう。

  いやーこれはおいしかった。

 

  

個人的好み:89/100

 名称:一歩己 純米無濾過生原酒
 精米歩合:60%
 使用米:美山錦
 アルコール度:16%

 スペック:無濾過生原酒

   値段:1,400円(税抜き)/720ml

 蔵元情報:逸見酒造株式会社

≪27≫姿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 別注中取り直汲み

もう春も終わりの時期となり、徐々に夏に向けて気温も上昇してきてますねー。

そろそろ夏酒も本格的に出だす時期でしょうか。

 

さて、今日は以前の姿と同時期に購入した「姿」の雄町を。

タイトルにもありますが、酒屋さんの別注バージョンで中取りの直汲みバージョン。

直汲みとしては買わない訳にはいきません。

日本酒好きとして、「別注」という単語にはビビッドに反応してしまいますよね。

こうしたサービス商品を出してくださる蔵元さん、酒屋さんには感謝感謝です。 

osakefunky.hatenablog.com

 

 

f:id:funacky1988:20170420215836j:plain

f:id:funacky1988:20170420215840j:plain

f:id:funacky1988:20170420215843j:plain

f:id:funacky1988:20170420215847j:plain

 

(例のごとく飲み始めは4月5日とかなり前です。)

 

1日目

 開栓時、プシュッとガスが吹き出しましたね。直汲みの元気さ、フレッシュさを感じさせます。

 

 香:メロン、うっすら酸を感じさせます。フレッシュだなー。

 味:うわーすごい力強い。ガス感がさらさら舌を駆け巡っていきます。

   マイクロバブル。きめ細やかなガス。

   雷鳴のような含み香が、果実的な香りがガッと。

   チャーミングで、濃密なメロン、ベリー系を連想させる甘み。

   なかなか濃密。

   後味はうっすらと渋みが脇を締めてくれます。

   それと、うっすらチョコ、カカオっぽいニュアンスも。

   これはおいしいですわ。

   中取りということもあり、綺麗な酒質ですよ。

   上述したように甘みもあるんですが、ガス感があるのでダレないというか、飲み疲れないのも良いですね。

   最上級のメロンソーダみたいな。たとえ下手で恐縮ですが。

   いやースルスル行けちゃいますね。飲み過ぎ注意のお酒です。

 

 

 2日目(4月6日)

   相変わらずのガス感。ややバナナっぽさも出てきたかな。

   ああ、軽快でスムーズですね。メロンに、南国系(マンゴー、パイナップル)のニュアンスも感じられます。

   柔らかく、シャボン玉みたいな甘みが軽快にはじけますね。

   まだ、とろーっとした感じはありません。

   甘みがきちんとあるから、味わいの華やかさとコクの両方の役割を果たしているように感じますね。

   すごいポテンシャルのお酒だなー。

 

 3日目(4月7日)

   まだまだガス感はあります。

           甘みが前面に出てきましたね。軽やかなんだけど、一杯の中に満ちている印象。

   みずみずしさ、フレッシュさも健在です。でも不思議とおだやかなんんだよなー。

   やや苦みも出てきましたね、結構ビター。

   でもお酒のニュアンスとして嫌ではないです。

 

 4月11日

  ガス感はまだまだ健在。前のおりがらみの時と同様に姿のお酒は、味わいはきちんとあるのに、不思議な清涼感があるんですよね。

 

 4月17日

  相変わらず元気な酒質。クリアでジューシー。

 

 4月18日

  まだまだ元気ですね。うまい!!

 

 

いやー本当においしいお酒でした。

今回やって分かったのが、僕はオマチストだということ。

それと姿がすごく好きと言うことですね。

あまり日本酒好きとして、色々なスペックを期待するのは蔵元への負担でしかないと思いますが、こういったサービス商品は本当に大好きです。

 

 

 

個人的好み:94/100

 名称:姿 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 別注中取り直汲み
 精米歩合:55%
 使用米:雄町
 アルコール度:17.1

 日本酒度:-2

 スペック:無濾過生原酒 中取り 直汲み

   値段:3,200円(税抜き)/1800ml

 蔵元情報:飯沼銘醸株式会社

≪27≫綾花 特別純米 生

さて、続いてこちら。

福岡県 旭菊酒造さんの「綾花」です。全く存じ上げない銘柄ですので、わくわくしますね。

 

調べたところ、このスペックではないですが、9号系を使ってるんですね。

どれどれ。

 

 f:id:funacky1988:20170420211912j:plain

f:id:funacky1988:20170420211915j:plain

f:id:funacky1988:20170420211920j:plain

f:id:funacky1988:20170420211925j:plain

 

なかなか昭和の和のラベル。逆に新鮮かも。

日本酒度は辛口の部類ですがいかがでしょうかね。

 

香:ややアルコールが立つような感じ。バナナ。

  そこまで酵母の違いが敏感に分かるような鼻を持っているわけではないですが、うん9号っぽい。

味:なるほどねー。こういう系ですか。

  ミネラリー、さっぱりした味わい。厚みはほどほどだけど、平坦な味わいかな。

  舌触りはさすがに柔らかいけど、甘み酸味は主張してきません。

  キレはさすがになかなか。完全に食中酒向け。

  すっきりした味わいに、ほどよく辛みがあるという典型的な美酒なんですが、個人的にはどこかインパクトがあるほうが面白いですね。

  含むとある程度香りが出てきても良いんですが、(最近の香り系のお酒のように)あまり出てこないですね。

  後味も、ちょっと風味が抜けます。

  おそらく濾過しているので、この程度の風味でしょうか。

  やはり、主流の無濾過系に慣れていると少し物足りないです。

 

2日目

 やはり日を置くと、開いてきますね。 

 リンゴ、フローラル、アロマ。

 でも味わい自体は、少し堅いですね。

 すっきりした酒質に、ぽわーんとした甘み。

 

知らない銘柄をいただくのは本当どきどきです。

こういうオールドタイプのお酒だったり、新たなブランディングの銘柄だったり日本酒の探求は続きますね。

僕的にそういう知られていない銘柄をどれだけ発掘できるかが、今のブログに求められていることだと思います。

 

 

 

個人的好み:81/100

 名称:綾花 特別純米 生
 精米歩合:60
 使用米:山田錦
 アルコール度:17

 日本酒度:+5

 酸度1.7

 スペック:不明

   値段:1,400円(税抜き)/720ml

 蔵元情報:旭菊酒造株式会社

≪26≫まんさくの花 朝市の酒

 細々と続けているブログですが、先日は普段の10倍程度のアクセスをいただきまして非常に驚いています。

 閲覧先の記事がわかるんですけど、一番の割合が而今で、続いて多賀治でした。

 やっぱり、而今への関心はすごいなぁ。

 語るほど而今の種類を飲んでいる人間ではないですが、いわゆるプレミアム酒を追っかけるのが疲れるというか、それなら飲んだことがないお酒を飲んでみたいと思うんですよねぇ。

 でも、需要という観点からも而今は近々やりたいと思います。多賀治も、もちろんやりますよ。

 

 さて、昨日4月16日に東京へ遊びに行ったついでに酒屋にも数件寄りましたが、見つけたのがこちら。

 「まんさくの花 朝市の酒」。ご覧いただいての通り、西荻窪の三ツ矢酒店さんのオリジナルです。

 たまたま店舗で購入しましたが、おそらく西荻窪の第3日曜日の朝市で販売するためのお酒なんでしょう。製造日が4月14日ですから本当しぼりたてに近いのがわかります。「しぼりたて」については、立春朝搾りだったり、結構最近多く目にしますし、いろんな意見を耳にしますが、蔵元の負担にならない範囲で、酒屋さんとの信頼関係で納得して販売しているんでしたら、個人的には大賛成です。

 また、最近は香るフルーティー酒が続いていたので、たまには辛口系+アル添酒を行きたいと思います。

 税抜1,050円とリーズナブル。

 f:id:funacky1988:20170420210711j:plain

f:id:funacky1988:20170420210512j:plain

 

f:id:funacky1988:20170420210510j:plain

f:id:funacky1988:20170420210516j:plain

 

 

 

さて、いただきます。(4月16日)

 

 香: 結構アルコールが立つ感じですね。本醸造っぽい。ただ、うっすらとクリームっぽさも感じます。

 

 味: いやーすごくフレッシュですね。やっぱりしぼりたては違うなぁ。

    香ったときの本醸造にありがちな、いやーな日本酒の風味は皆無。

    ベタな表現ですが、本当に「水」。

    きわめてフラットな味わいです。

    甘みだったり、酸味、苦みなんて本当ないです。

    やや米の風味もありますが、気にならないというか本当に透き通った風味を感     じます。癖がないし、舌への入りも非常にスムーズです。

    味わいが主張することはないので、飲み疲れないというか食事も選びませんね。おそらく、昔からの呑兵衛だったり、最近の日本酒好きからしても物足りないとは思いますが、朝市で日本酒を飲まないような層に勧めるには良いと思います。

    日本酒の入門編としては最適ではないでしょうか。

 

  2日目も全く同じ崩れない印象でした。

  味わいとすると物足りない印象でしたが、最近は香り系のお酒が続いたので良かったかなと。

  

 

個人的好み:80/100

 名称:まんさくの花 朝市の酒
 精米歩合:不明
 使用米:不明
 アルコール度:14~15

 スペック:不明

   値段:1,050円(税抜き)/720ml

 蔵元情報:日の丸醸造株式会社

≪25≫亀の海 春うらら 純米吟醸うすにごり生

風邪もやっと落ち着きまして、久々に都内へ。

また色々日本酒を買ってしまいました。在庫は増える一方。

桜もかなり散り始めてますね。春もそろそろ終わりでしょうか。

そういえば、夏酒も出始めてました。さすがに早すぎる印象も受けますが、今日なんか夏日のところがほとんどですからねぇ。難しいところではあります。

 

さて、風邪を引く前から飲んでいたこちら。

 

f:id:funacky1988:20170416180010j:plain

f:id:funacky1988:20170416180018j:plain

f:id:funacky1988:20170416180020j:plain

 

毎回記事にする度反省するんですが、もう少し早く飲めよ!!って話ですよね。笑

桜がつぼみの頃にいただくべきお酒です。すみません。

 

 

こちらは、長野県佐久市の「亀の海」です。

蔵元の土屋酒造店さんは、この亀の海の他、「茜さす」という地元産地にこだわった銘柄も醸しているようです。

亀の海については、通年商品はもちろんですが、結構季節商品も拝見しますね。個人的に冬のデザインなんか好きだったな。

こちらのデザインも春らしく、○。

 

さて、前置きが長くなってしまいました。

 

かすかにオリが絡んでいて、確かにうすにごりですね。

 

香:ああ、柔らかい。ほのかに酸も感じるような。バナナ、バニラですかね。華やかさも。かなり流行の感じがします。

味:ほどよいガス感がいいですね。それに、チャーミングな甘み。でも、結構舌の上で暴れるじゃじゃ馬かな。最初は柔らかくそれほどでもないような印象ですが、次第に増長していくような甘みですね。後味は、若干の渋み。

 この甘みの様子は、桜(ソメイヨシノ)の色自体は淡いのに、壮観に咲き誇り美しく見える姿に似ています。

 一般的なおりがらみほど甘みがわかりやすくある訳ではないですが、上述したようなきちんとした甘みはありますし、飲んだ後のキレもあります。

 メロンの甘みにバナナのコク。キラキラでなく、淡く輝くんですが、それが眩しく感じるようなお酒ですね。おいしいです。

 

 2日目

 昨日はより、とろーっとして来ましたね。品の良いメロンの甘みに、すこしカカオ、チョコっぽいニュアンスが出てきましたね。

 個人的には昨日より断然今日の方が好みです。スイートに溶けていきます。

 今日は、ガス感はデコレーション程度。なんとなく、秀鳳の雄町を思わせるような。

 ただ、あちらよりライト。

 

 4日目

 結構味わいが開いたなー。さすがにガス感は感じませんね。

 甘みもシロップのような感じになってしまいましたが、酸味があるのでダレませんね。

 

 やっぱり花見に合わせて、1日か2日で開けるのが良いと思います。

 1,300円とコスパにも優れていますし。

 楽しませていただきました。ありがとうございます。

 

 

個人的好み:86/100

 名称:亀の海 春うらら 純米吟醸 うすにごり生
 精米歩合:59%
 使用米:不明
 アルコール度:17%

 スペック:生 うすにごり

   値段:1,300円(税抜き)/720ml

 蔵元情報:株式会社土屋酒造店