日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪62≫武の井 純米吟醸 ヒマワリ酵母仕込み

首都圏も梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番。

とんでもなく暑い日が続いておりますし、異常気象もあちこちで聞かれておりますので、皆様くれぐれもお気を付けください。

 

さて、先日お酒を通販したんですが…

 

クール便を指定し忘れるという大失態を犯しまして。

 

この猛暑の中、しかも生酒。

 

お店のHPには再三にわたる注意書きがあったにも関わらず、よく読んでいませんでした…すみません。

(こんなアホはいないと思いますがみなさまもお気を付けください。)

 

 

脱線しましたが今回は、山梨県 武の井酒造さんの「武の井」です。

山梨県以外の方には、「青煌」の蔵元さんと言った方が知られているかもしれませんね。

 

「青煌」は東京農大卒で来福で修行された跡取息子さんが立ち上げた銘柄で、花酵母を使用しています。

5,6年前、僕が日本酒を飲み始めたころ、ちょうど青煌を首都圏で売り始めてたように記憶しておりますが、青煌もすっかり定着しましたね。

山梨自体、首都圏で他の地方の蔵元と比べると立地条件では良いでしょうが、ワインのイメージが強すぎて苦労もあったんではないかと邪推しております。

 

青煌は、つるばら酵母に対し、今回の武の井はひまわり酵母仕込みです。

(季節によって、桜、椿等さまざま使用しているようですね。)

 

せっかくですので、花酵母研究会のHPを見ると

SUNF-5(ヒマワリ)酵母のお酒はフレッシュな果実を思わせるような香りです。爽やかで清涼感のあるタイプです。

とのことです。

 

f:id:funacky1988:20170722040419j:plain

f:id:funacky1988:20170722040422j:plain

 

前置きが長くなりましたが、いただいてみましょう。

 

カプエチのような華やかでフルーティな香りが。

 

非常におとなしく、穏やかな入りで、パウダリーに舌へとけていきます。

味わいがじんわりと、香りはフローラルに香ります。

ここらへんは以前飲んだことのある天吹に近いですね。

お酒の輪郭自体は非常に曖昧で、淡い印象を受けます。

きっちりと甘いというわけではないですが、脇にきっちり存在しているという印象。

後味にうっすら渋みが。アクセントに良いですね。

 

柔らかくじんわりと伸びていきますが、すっきりと甘すぎず良いバランスです。

ただ、味の濃い料理と合わせるには少し力強さが足りないかもしれません。

かなり繊細なので、すっきりと清涼を与えてくれる役割を果たしてくれるでしょうが、上述したような香り、甘みの印象は薄れるかもしれません。

 

暫定お気に入り度 85

≪61≫花巴 山廃純米大吟醸 Splash

前回の宣言通り、今回は花巴です。

山廃に加え、水酛と呼ばれる古くからの造りをされる蔵として有名ですよね。

あと、蔵付きの酵母を使用していることでも知られております。

定番の水酛にしようか迷ったんですが、せっかくなので夏仕様と思われるこちらの銘柄に。

山廃の純大で、活性にごりはおそらく初めてかなぁ。

 

ドキドキです。+

 

f:id:funacky1988:20170720020249j:plain

f:id:funacky1988:20170720020252j:plain

f:id:funacky1988:20170720020257j:plain

f:id:funacky1988:20170720020300j:plain

 

見るからに、明るく、それこそオレンジのような柑橘さを連想させるパッケージ。

 

ちなみに、、

僕が今までいただいた中で開栓注意とあるお酒がかなりありましたが、気を付ければ全然大したことがないお酒ばかりでしたが、久しぶりにこちらのお酒はこぼしそうになりました。

くれぐれも開栓時にはお気を付けください。

 

瓶内二次発酵の威力おそるべし。

べたですが、スパークリングワインのようなきめ細やかな泡が。

 

香:

にごりらしい風味っと少しバナナ、明るい酸も。これが柑橘っぽいですね。

 

味:

直汲み系のガス感とは違う、確かな炭酸を感じますね。

一気に炭酸とちょこっとした旨味を感じ、次いで明るい柑橘(グレフル)の酸味が。

これが非常に清涼感を演出してくれます。

甘みがちょこんと顔を出すかと思いきや、ざーっと流れていきます。

山廃であったり、にごりのどっしりした旨味はないですね。

旨味だったり風味をアシストする程度です。

非常にさっぱりしてます。

ただ、後味がやや渋いかな。味わいがざーっと流れた後なので、ここがマイナス。

結構目立ちますし、飲む回数を重ねていくとだんだんつらくなってきます。

 

スプラッシュという名前だけあり、水しぶきが流れていくような清涼感は確かに感じられました。

夏のどうしようもなく暑い日の一杯目におススメです。

 

3日目

非常に炭酸が元気ですね。さすが瓶内二次発酵といったところでしょうか。

香りは前回同様。

味わい自体もよい意味で崩れませんね。

乳酸菌飲料風の明るい酸味とチリチリとガス感も良いです。

ただ、今日も後半部分の渋みがいまいちですね。

初日より気になるかもしれません。

 

4日目

相変わらず炭酸は元気に。

瓶底にたまるオリが多くなったせいか、ミルキーに。

その分、酸味の主張が控えめになりました。渋みも抑えめに。

ただ、こうなると特徴の1つの酸味がない分、やや平凡になったかなぁと。

 

非常に個性的な銘柄で、ラベル通りの味わいでした。

ただ個人的な好みとは外れますが、日本酒の可能性を広げてくれる一杯に間違いはないかと思います。

 

 

 

 個人的お気に入り度:82

 名称:花巴 山廃純米大吟醸 Splash

 精米歩合:50
 アルコール度:16%

 使用米:吟のさと

 蔵元情報:美吉野醸造 株式会社
 購入価格(税抜):1,600円/1,800ml

2017年上半期のまとめ と 下半期に向けて

ジメジメとした天候が続き、本当にうっとうしい日々が続きますね。

そして、今年ももう上半期が過ぎ、8月も目前です。

酒造りも29BYになったのがつい昨日のようですが、1年の移り変わりの早さを感じます。

 

さて、このブログも70銘柄に(60でした笑)突入し、以前記事にしていないものも今後記事にさせていただこうと思っているので、あっという間に100までいってしまいそうです。

これも、ブログを閲覧していただく皆様のおかげです。ありがとうございます。

 

f:id:funacky1988:20170420215836j:plain

 

f:id:funacky1988:20170401113724j:plain

f:id:funacky1988:20170618084439j:plain

f:id:funacky1988:20170611080153j:plain

 

f:id:funacky1988:20170414160213j:plain

 

点数もそうですが、記憶に特に残っているものを選ぶとこんな感じでしょうか。

いかに僕が直汲み系(ガス)が強いお酒が好きかがわかりますね。

あと雄町系かな。

 

本当平均的においしいお酒ばかりでした。

これだけおいしい全国のお酒が容易に入手できるんですから、本当に幸せな時代ですね。

詳細なまとめは年末にさせていただきたいと思います。

 

五十嵐と長陽福娘は入手できれば、年内にはもう一回やりたいです。

あと、「あべ」と「ちえびじん」は1年のうちにもう一回やります。

 

 

さて、下半期に向けて飲みたいお酒を列挙して、コメントを残したいと思います。

(自分への戒めとして笑)

 

・残草蓬莱

言わずと知れた神奈川の異端酒。以前、フィーバー777を飲んだことがあってかなり好きだったので、やりたいです。

 

・仙禽

こちらは超がつくほどの定番。僕が日本酒を飲み始めたころにハマるきっかけを作ってくれた銘柄です。

 

・水府自慢

なかなかチャンスがないんですが、こちらも気になります。

 

・たかちよ か 栄光冨士

最近こういった豊満どっしり系が苦手になりつつあるんですが、久しぶりに飲んでみたいなぁ。

 

・花巴

これは飲みたいです。山廃もいいけど、水もともやってみたいです。

鷹長もやりたいなぁ。

 

・百春

実は名古屋で飲んだんですが、こちらも気になっております。

 

・結

僕の日本酒人生最大の後悔がこちらの銘柄。

ちょうど6年ぐらい前に出会ったお酒で当時もおいしかったんですが、毎年飲んでればよかったなーと。

自分への戒めで、複数銘柄やっちゃおうかな。

 

 

簡単にですが、下半期はここら辺のラインナップを力入れてやっていきたいです。 

 

≪60≫奈良萬 純米吟醸 酒未来

GW中に行った酒屋さんで記事にしたSS鈴木商店さんで購入したお酒がこちらです。

 

奈良萬 純米吟醸 酒未来(生)」

お店の方も丁寧に説明してくださいましたが、言わずとしれた十四代の蔵元の高木さんから譲り受けた酒未来で醸したお酒です。

今期(28BY)が二期目の造りになるようです。今後はどのような展開になるのでしょうか。

 

酒未来のお酒では、山形正宗以来。

お店の方も、これがおススメですよーと販売してくれましたが、貴重なお酒を観光客に販売していただいて本当に感謝しています。

 

f:id:funacky1988:20170717063413j:plain

f:id:funacky1988:20170717063416j:plain

f:id:funacky1988:20170717063419j:plain

 

グレーの下地に赤い奈良萬の文字が非常にクールです。

こちらの酒未来は、一升瓶のみのラインナップです。

 

奈良萬といえば、前の記事でも触れた通り五百万石のスペシャリストですが、

さてさて、いかがでしょうか。

 

香:

豊かな米の風味を感じさせます。明るさもありつつ、うまみを想像させます。

 

味:

 

スムースな舌触りからスタート。

中濃ソースのような旨みと甘みがダイレクトに。

ややメロンの風味が感じられます。お米のペーストじゃないかというような旨み。

やわらかい旨みが舌に乗って、パウダリーに溶けていきます。

遅れて、サイダーのような清涼感も。

最後に、アルコールの風味が、ドライさを演出してくれます。

個人的に、最後のアルコール感が気になりますが。

 

非常にバランスのよい美酒だと思います。

特に食中酒

きちんと味が乗った仕上がりですし、それでいて適度にフレッシュさもありますし。

ただ、こちらの銘柄は五百万石でもこのラインの味を出してくれる分、酒未来を使用しているというサプライズ感は薄いかなと。

社長さん自身が、五百万石にこだわった造りに悩まれてる時に、ちょうど酒未来を譲ってもらう機会がめぐってきてチャレンジした銘柄なのでまだ手探りの段階なのかもしれません。

基本のラインを崩さない狙いで醸している可能性もあるので、そこらへんを一度蔵元さんに聞けたら幸いだなぁ。

いろいろぼやいてみましたが、食中酒にぴったりの酒質でした。ごちそうさまでした。

 

 

 個人的お気に入り度:86

 名称:奈良萬 純米吟醸 酒未来

 精米歩合:53
 アルコール度:16%

 使用米:酒未来

 蔵元情報:夢心酒造 株式会社
 購入価格(税抜):3,000円/1,800ml

≪59≫W 純米 愛山 無ろ過生原酒

 

今回は、岐阜県の渡辺酒造さんの「W(ダブリュー)」です。

こちらは全国でも5軒ほどの取り扱いの特約店銘柄とのこと。

実は、2月に山田錦をやったんですが、写真に自分が写ってしまいまして…

さすがにモロだったのでやめました。

 

さて、このお酒との出会いは、約2年ほど前。よく行くお酒屋さんで

「〇〇を超えるコスパ酒!!」(超有名な、あの山口の蔵元のお酒です。)

と書いてあり、なおかつ近くの若い女性が「今までで一番おいしかったんだよー」と言っていたのが印象的で。

正直、鼻で笑っていました。笑

そのわけは、渡辺酒造さんのHPを見ていただくとわかる通り、なんとなく日本酒マニアな方は避けそうな雰囲気がしませんか?(失礼ですが)

最近では、某大ヒットアニメ映画にちなんだお酒もあり、商売っ気が強いなぁと思わせます。

 

ただ、その鼻で笑った時に購入したんですが、度肝を抜かれたんですよね。

1,200円台の純大スペックの山田錦できちんとした味わいだったので、そりゃ〇〇以上のコスパだなと。

で、今年の2月に飲んだときも同様の印象だったので、今回は愛山に挑戦です。

 

f:id:funacky1988:20170713222011j:plain

f:id:funacky1988:20170713222014j:plain

f:id:funacky1988:20170713222017j:plain

f:id:funacky1988:20170713222020j:plain

 

ちなみに山田錦はピンクのラベルデザインですが、ちょっと〇〇〇〇の〇っぽいですよね。

さすがに、XとかYはモロですから。

 

すみません、ちょっと今回は下世話な話ばっかりでした。

 

 

香:透き通ったベリー系。

 

味:

つるつるしたよく磨かれた味わいが流れ込みますね。

品の良いメロン、ややベリーも。

甘みはきちんと感じられますが、うすーい透明なベールで包まれており、ダイレクトに強く感じられるというわけではありません。

うっすら苦みだったり、アルコールの辛味もありますが、ニュアンス程度で、素直においしい、飲みやすいお酒ですね。

ややポチャッとしてますが、派手すぎず。

良いバランスだと思います。サイダーのような清涼感もありますし。

 

ただ、山田錦を飲んだときとそこまで印象が変わりませんね。

もう少しサプライズ感があると思っただけに残念です。

愛山を使ってバランスよく作ったという感じです。

 

でも、1,500円で愛山を50まで磨くんですからね。

山田錦は1,200円台ですけど、他の酒米のものも格安ですし。

飲食店は、これを置ければ本当うれしいんじゃないでしょうか。

女性受けもよさそうなラベルです。

 

お気に入り度 85

 

≪58≫伊予 賀儀屋 限定選抜生原酒 純米赤ラベル特別限定品

今回は実は外のみ、家のみでも初めての賀儀屋です。

もちろん知ってはいるんですが、なぜか飲む機会がなく。

僕が飲み始めた5,6年前から首都圏では知られてた銘柄ですよね。

 

今回は通年商品でおそらく定番の赤ラベルから、通常はブレンドをする中でこちらはブレンドする前の単一タンクのものを出したものだそうです。

思えば、愛媛のお酒は飲んだことがないのと、限定選抜という文字に惹かれて。

 

 

f:id:funacky1988:20170713214302j:plain

f:id:funacky1988:20170713214305j:plain

f:id:funacky1988:20170713214307j:plain

 

前も言いましたが、こういう長文の裏面が大好物です。笑

 

香:

米のふくよかな旨味を予感させますね。うっすら梨のような

 

味:

磨かれた明るさのある酸味とうまみが心地よいですね。

その中から、力強い甘みが染み出して口中に一杯になります。

そのあと、アルコールのドライ感と、渋みが締めてくれます。

細かい部分は違いますが、なんとなく辰泉と構成が似てますね。

辰泉よりは、明るい酸味だったり、甘みが目立っている分飲みやすい。

クリアで透明感もありますが、コクもきっちり感じられるお酒です。

最初は冷酒でいただきましたが、そうすると味わいに角が立つので、常温の方が良いですね。

さすがの生で、ブレンドしていないだけあって、生命力と力強さ感じます。

 

2日目

昨日よりかは、味わいが落ち着きましたね。

生命力は確かに感じつつ、明るさもあります。

やっぱり旨味どっしりしてますね。落ち着いて飲めます。

後味で、うっすら醤油のような香ばしさも。

 

結構するする飲んでしまいましたが、もう少し時間をかけて飲めばよかったです。

個人的に、賀儀屋は火入れできちんと寝かせた方が好みかなと。

今回飲んだ印象では、そう思いました。

 

 個人的お気に入り度:84

 名称:伊予 賀儀屋 限定選抜生原酒 純米赤ラベル特別限定品

 精米歩合:60
 アルコール度:17.5%

 使用米:松山三井

 

 蔵元情報:成龍酒造 株式会社
 購入価格(税抜):1,409円/720ml

≪57≫辰泉 純米吟醸 京の華1号

 さて、今回は辰泉です。

しかも最も特徴的な京の華。

京の華とは、大正時代末期に山形県庄内地方で生まれたお米で、栽培の難しさから昭和には消滅してしまった幻のお米とのことです。それをこちらの蔵元が復活させ、以降大事に育てられてきたそう。

以前の萬歳と似たようなお話ですね。復活自体容易なことではないでしょうが、蔵独自の味わいのお酒を造る意味でも、価値のある行為だと思います。

 

 

実は昨年も飲んだことがありまして、失礼ながら飲みやすくはないけど飲みごたえがあるなーと感じたので再確認です。

 

f:id:funacky1988:20170707055358j:plain

f:id:funacky1988:20170707055400j:plain

f:id:funacky1988:20170707055405j:plain

f:id:funacky1988:20170707055403j:plain

f:id:funacky1988:20170707055409j:plain

 

ラベルも変わったようですね。

表記上だと、今年のは無濾過ではなくなったのかな。

 

香:

よくある果実的な香りと若干のセメダインっぽさが。

 

味:濃厚な味わいに、ざらざらとしたアルコール感が。

非常に力強い味わいです。ああ、こんな感じだったなと。

甘みもしっかり感じられ、やや渋みも顔を出します。

はっきり言って、非常に癖が強いですが、ピーキーな感じで面白い。

雑味ともいえるような雰囲気も感じられ、土、穀物の味わいすら。

 

これは上級者向けのお酒ですね。

 

2日目

 

ツンとくる香りが健在です。今日は、酸だったり、辛味が目立つかな。

 

今日は、裏面のラベルそのままです。

うま、甘、酸、辛、苦がグラデーションでやってきます。

最初は、柔らかく舌に乗ってきますが、そこからピアノのように駆け上がる。

後味は、渋いです。ぷーんと、アルコールの風味と混ざって渋みが舞います。

単体だと、飲みごたえがあるお酒ですが、食事なんかと合わせるとそこまで気になりません。

土っぽさとも書きましたが、吟醸スペックなので綺麗な造りではあります。

太陽に近いように感じますが、あちらの方が甘みが出てた分飲みやすかった。

 

3日目

昨日までのが嘘のような甘さ。

果実感が段違いです。マスカット、メロンにほんの少しマンゴーも感じるかな。

後味に、香ばしさ、芳醇さが。

これはサプライズだなー。大典白菊並みの変化かも。

 

 個人的お気に入り度:85

 名称:辰泉 純米吟醸 京の華1号 精米歩合:60
 アルコール度:16%

 使用米:京の華

 日本酒度:-1

 酸度1.7 

 蔵元情報:合資会社 辰泉酒造
 購入価格(税抜):1,750円/720ml