日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪65≫残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒 

もう一本ロック酒もあるんですが、我慢できずにこちら。

 

神奈川県大矢孝酒造さんの残草蓬莱です。

説明不要かと思いますが、速醸系の「残草蓬莱」と生酛系の「昇龍蓬莱」と分類されています。

 

今回は、残草蓬莱の中でも低アル酒として、定番と言っても過言ではないQueenを。

まず、queenのスペルがeが一つ多かったり、裏面の注目度123%など、なかなかユニークなアピールが目につきますよね。

 

あと余談ですが、残草蓬莱等を扱う丿貫という横浜のラーメン屋さんに行くのが、今の僕の夢の一つです。笑

 

 

f:id:funacky1988:20170729033918j:plain

f:id:funacky1988:20170729033923j:plain

f:id:funacky1988:20170729033921j:plain

f:id:funacky1988:20170729033925j:plain

 

以前も触れましたが、フィーバー777を3年前に飲んで以来です。

 

 

香:うーん、体験したことない香りですね。強く香るわけではなく。

  出荷からそこまで時間が経っているわけではありませんが、少しひねっぽさも。

  これは気のせいかもしれません。

 

味:

なるほどー、軽快で酸主体の味ですね。

きっちり、旨味とガス感がボリューム感を崩さない程度に。

甘みは控えめです。

アルコール度数の低さにありがちな物足りなさは、感じません。

(さすがに、18度の生原酒と比べると弱いですが)

味わいの奥の方で、ホロホロとうまみが顔を出します。

独特のドライ感があり、さっぱり飲めますね。

 

うーん、少し梅っぽいかなぁ。

 

少し常温になると、もう少しジューシーな果実感。

プラムとか、ああいう雰囲気も。

なんとなく、三重錦だったり、玉川に似た印象を受けますね。

 

2日目

昨日よりだいぶ落ち着きました。

コクだったり、シルキーさが昨日よりかなり強まりましたね。

時折柑橘っぽい酸味も感じます。

ただ、少し水っぽさが気になりますね。

旨味のボディーから、水が浮いてきたような。そんな印象です。

1日目の方が、凝縮感、まとまりは感じられましたね。

 

4日目

今日も面白いですね。柔らかいタッチに、酸味がじわじわと。

シルキーさ、だったり全体のボリュームも良いバランスを保ったまま。

軽さは、白ワインにも通じますね。白ワインはもっと甘みだったり、ブドウの酸味がはっきりしていますが。

前は、浮いていた水っぽさも落ち着いて調和しているように感じます。

 

なかなか味わいはきっちり効いていましたが、良い意味で「軽い」お酒でした。

結構、夏にはピッタリだと思います。

 

 

 個人的お気に入り度 84

 名称:残草蓬莱 純米吟醸 Queeen 槽場直詰生原酒 

 精米歩合:60
 アルコール度:12%

 蔵元情報:大矢孝酒造株式会社
 購入価格(税抜):1,400円/720ml