日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪50≫風の森 愛山 純米しぼり華

まず、このブログもついに50記事を迎えました。

飽き性の僕がここまで続けてこられたのも、閲覧してくださる皆様のおかげです。

それと、ブログ閲覧も2000を超えました。重ねてお礼申し上げます。

 

 

さて、精米歩合高めのお酒のラストはこちら。

風の森の愛山です。

 

風の森はこのブログ初登場です。

この銘柄については言わずもがな、現在の日本酒のトレンドの一角だと思っています。

僕はあまのじゃくなんで、有名銘柄の頻度は低めにしようと思っていますが、愛山ミーハーが働き、ついつい購入してしまいました。

 

f:id:funacky1988:20170618084439j:plain

f:id:funacky1988:20170618084442j:plain

f:id:funacky1988:20170618084445j:plain

f:id:funacky1988:20170618084447j:plain

 

スペシャル感のあるラベル。非常にゴージャスですね。

精米歩合高めとは言え、四合瓶で1400円ですから、非常にお安いです。

篠峯といい、風の森といい、奈良県は素晴らしいですね。花巴、みむろ杉、百楽門、大倉、あとはこの間の儀助など。

非常にホットな県です。

 

開栓すると、プシューっとガスが。

さすが風の森だけあって、このガス感。

 

香:

良いですねぇ。バナナ、バニラが上品に優美に香ります。

ここまで香りで魅せるお酒は久しぶりですね。

さわやかさもありつつ、甘美さも。

 

味:

ああ、すごいですわ。これ。

まずガスはそこまで強く感じず。

非常に明るい酸が最初に顔を出し、甘みうまみはちょこっと。

ガスが味わいを彩ってくれています。

それでいて、世界観というべきか、味わいの立体感が感じられますね。

立体感の端は鋭くエッジが効いています。

酸だったり、甘みの感じはマスカットですが、香りだったり雰囲気はバニラですね。

80の磨きなのに、程よくクリア。

それでいて、うっすらとコクというかうま味を感じられます。

ガス感が味わいのドライさを演出してくれます。ただ、香りの余韻というのはしっかり。

最後に、ビターに苦みが締めてくれるんですが、これも絶妙ですね。

 

 

僕は基本的に食事に合わせるんですが、この風の森は単体の方が良いですね。

久々に感動した一杯です。

基本、雄町酒は好きなんですが、それ以外では長陽福娘以来かなぁ。

あくまでガス頼みじゃなく、きちんとした世界観があり、立体的に味わえる点は共通してますね。

50という節目にふさわしいお酒でした。ありがとうございます。

 

3日目

開栓時、ボンと大きな音が。

これが風の森ですよね。久しぶりに飲んだんで忘れてました。

 

初日とは打って変わって、愛山らしいスケールの大きい甘みが。

独特の立体感は相変わらず。

ジューシーなマスカット。そこに、赤い果実のコク、完熟が加わったような雰囲気。

遅れて酸味がエレガントに登場。

最後にガスでドライ風に締めてくれます。

濃密さ、スケールの大きさに対し、軽快で明るいですね。

加えて、濃さ、力強さも持ち合わせています。

特に、輪郭がありながらとけていくような甘みは、絶句しますね。

 

 

個人的好み:92/100

 名称:風の森 愛山 純米しぼり華
 精米歩合:80
 アルコール度:17%

 使用米:萬歳

 スペック:無濾過生原酒

 蔵元情報:油長造株式会社
 購入価格(税抜):1、400円/720ml