日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪71≫モダン仙禽 亀ノ尾 無濾過生原酒

さて、2017年上半期まとめでも課題にしていた「モダン仙禽 亀ノ尾」です。

 

仙禽といえば言わずもがな、モダン日本酒を代表する銘柄の一つでしょう。

ご存知の方がほとんどだと思いますが、

今回いただく「モダン仙禽」、また「クラシック仙禽」に加え、ワイン酵母を使用したドルチェシリーズ、生もとを使用したナチュールシリーズなど、現在の日本酒造りの最先端を行く蔵元です。(ドルチェシリーズは終売のようですね。)

他に、「霧降」や「羽水」など別銘柄もあります。(霧降は今年の冬に飲みました。)

 

また、日本酒のドメーヌ化にも力を入れており、非常にこだわりのある蔵元という印象です。

 

今回の亀ノ尾についても、仙禽こだわりの米であり、鑑評会には亀ノ尾で、しかも木桶で挑んで見事金賞を受賞されました。

いやー本当にすごいことだと思います。

 

f:id:funacky1988:20170813105522j:plain

f:id:funacky1988:20170813105525j:plain

f:id:funacky1988:20170813105527j:plain

f:id:funacky1988:20170813105529j:plain

 

明るい酸味。乳酸菌飲料に通じるような酸味です。

ああ、仙禽だなぁというような。

 

穏やか口当たりから、中くらいの旨味の中から、じわじわと甘みと酸味が。

山廃とか生酛っぽい風味も感じられ、米の旨味の表現が素晴らしいですね。

うまさの重みはほどほどで、さながら雲を思わせます。

アシスト程度の苦みが後味に漂う。

いやーおいしい。衝撃というわけではないですが、しみじみうまいですね。

ほどよく乳酸菌飲料的な酸味が感じられ、「甘酸っぱうまい」という味わいです。

口に含んだ時に、ジューシーさに内包された「水」、それもきれいな水を感じますね。

水っぽいということでなく、透明感とも少し違う印象です。

また、後味の際に、甘さの余韻というべきか、遠くに輝く甘みがいつまでも続きます。

いやーやっぱりおいしいですね。

 

冷酒、冷やして飲んだ方が良いと思います。

久しぶりにいただくので、この亀ノ尾が仙禽のどのラインに位置するのかわかりませんが、複数銘柄飲み比べる必要がありそうです。

 

 

暫定 お気に入り度89