日本酒愉快者ブログ

日本酒が好きな20代男性によるブログ。現在勉強中です。

≪160≫巖 特別純米601号生 29BY

大雨で大変な方々が多い中、非常に恐縮ですが日本酒が飲めることに感謝しながらいただきます。

 

今回は、群馬県の巖です。

巖といえば、どんと漢字一文字のラベルで有名ですが、たまーに見かける手書き系ラベル。

すみません、そこまでいただいたことがないので印象で語ると、比較的無骨なお酒という印象。

 

 

f:id:funacky1988:20180709230520j:plain

f:id:funacky1988:20180709230526j:plain

f:id:funacky1988:20180709230524j:plain

 

失礼ながら、とても一般ウケするとは言えないラベル。

なんか男らしく、ぶっきらぼうな感じがして良いですね。

 

セメダイン、リンゴ、マスカット、非常にクリアな印象を受けます。

 

ここのところ似たような味わいが続くなー。(それとも舌が馬鹿?笑)

スムーズかつ香り通りのクリアさ。

旨み、甘みがスムーズに一貫性のある印象。

後半は辛口がしっかり主張し、従来の日本酒好きにも喜ばれそうな味わい。

かつ、甘みはバナナとか和三盆みたいな風味豊かな甘み。

 

山城屋は非常にモダンで洗練されていた印象でしたが、こちらは良い意味で田舎くさい。

どっしりとした部分もある故かもしれません。

 

カプカプ大好き人間ゆえ、好みど真ん中という訳ではありませんが、時折飲みたくなる日本酒だなー。

普通のラベルも機会があればいただきたいと思います。